中国製造業、5ヵ月連続で“景気低迷”

中国製造業、5ヵ月連続で“景気低迷”

米中貿易戦争が激化する中、中国の製造業景気が“低迷”局面から抜け出せずにいる。中国政府は自国経済の危機感を憂慮しつつ、ワシントンで開かれる米中高官貿易交渉の結果を注目している。

中国国家統計局は30日、中国景気の状況を反映する9月の製造業のバイヤー管理指数(PMI)が49.8で、前月の49.5より2カ月ぶりに上昇したと発表した。前月より小幅上昇したが、景気拡大と縮小を計る50を下回り、5月から5ヶ月目景気萎縮局面でとどまった。

中国国家統計局は30日、中国景気の状況を反映する9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が49.8を記録したと発表した。前月の49.5より小幅上昇した数値で、2カ月ぶりの上昇となる。しかし景気拡大と縮小の判断基準となる50を下回っており、5月から5ヶ月連続で“景気萎縮”となった。ただし、中国の9月サービス業PMIは53.7で、前月(53.8)より小幅下落したが、50ラインをはるかに上回った。

一方、中国の内部でも米中貿易戦争の長期化に伴う景気低迷を懸念する声が出ている。中国CCTVによると、商務部の鍾山(ジョン・シャン)部長は29日、新中国建国70周年記念行事で開かれた記者会見で「米中貿易戦争が1年余り以上持続し、双方が報復的関税を課している」とし「今年に入って中国貿易は前例のない挑戦を迎えている」と述べた。

また「中国は、外部と内部の両方で課題に直面している」とし、「▲貿易の安定化措置の速やかな推進 ▲「一帯一路」をベースにした新興市場の開拓 ▲高品質の実現のための科学技術の革新などの措置を通じて、現在の危機を克服する」と強調した。

注目を集める米中貿易交渉は中国の国慶節が終わった後、米・ワシントンで本格的に再開される。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »