エクアドル、OPEC脱退を宣言…減産政策への反発

エクアドル、OPEC脱退を宣言…減産政策への反発

経済難に苦しむ南米の産油国、エクアドルが来年から石油輸出国機構(OPEC)を脱退すると宣言した。理由としてOPECが強要する協調減産にこれ以上参加できないとしている。

米国経済専門放送CNBCによると、エクアドルのエネルギー省は1日(現地時間)、「経済回生のための資金を確保するために石油を増産しなければならないと強調。また「OPECがロシアなど非会員の産油国とともに実施する協調減産ポリシーをこれ以上受け入れることができないと判断した」とし、2020年1月1日からOPECを脱退すると発表した。

エクアドルの産油量は日量平均53万7000バレル。世界シェアからみると0.5〜0.6%水準で大きな影響はないと予想される。ただしOPECの立場からは、カタールが今年1月に脱退したのに続き、エクアドルまで脱退になると、OPECの加盟国は13カ国に減り、影響力の縮小が懸念される。

エクアドルのエネルギー省は脱退の理由について「公共支出を抑制して新たな収益を創出しようとする政府の計画に歩調を合わせるため」と強調した。

一方、エクアドルは1992年にも国内事情でOPECを脱退し、15年後の2007年になって復帰したことがある。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »