エクアドル、OPEC脱退を宣言…減産政策への反発

エクアドル、OPEC脱退を宣言…減産政策への反発

経済難に苦しむ南米の産油国、エクアドルが来年から石油輸出国機構(OPEC)を脱退すると宣言した。理由としてOPECが強要する協調減産にこれ以上参加できないとしている。

米国経済専門放送CNBCによると、エクアドルのエネルギー省は1日(現地時間)、「経済回生のための資金を確保するために石油を増産しなければならないと強調。また「OPECがロシアなど非会員の産油国とともに実施する協調減産ポリシーをこれ以上受け入れることができないと判断した」とし、2020年1月1日からOPECを脱退すると発表した。

エクアドルの産油量は日量平均53万7000バレル。世界シェアからみると0.5〜0.6%水準で大きな影響はないと予想される。ただしOPECの立場からは、カタールが今年1月に脱退したのに続き、エクアドルまで脱退になると、OPECの加盟国は13カ国に減り、影響力の縮小が懸念される。

エクアドルのエネルギー省は脱退の理由について「公共支出を抑制して新たな収益を創出しようとする政府の計画に歩調を合わせるため」と強調した。

一方、エクアドルは1992年にも国内事情でOPECを脱退し、15年後の2007年になって復帰したことがある。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  2. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  3. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  4. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…
  5. 非核化に関する北朝鮮の新たな動きや姿勢の変化が無ければ、現在の米朝関係の冷え込みは暫くの間、続くとみ…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »