済州道経済通商振興院が「輸出商談会」開催…契約規模約18億円

済州道経済通商振興院が「輸出商談会」開催…契約規模約18億円

済州道経済通商振興院(院長:文 寬永)は9月23日~25日、メゾングラッド済州のコンベンションホールで「2019 海外バイヤー招待輸出商談会」を開催した。

済州企業の輸出拡大のために開催された今回のイベントには道内化粧品、加工食品、工芸品など56社の企業と海外バイヤー10カ国(46名)が参加。46件・199億ウォン(約18億円)規模の販売意向書(LOI•letter of intent)を締結した。また現場でも9800万ウォン規模の輸出契約が締結されるなど大きな成果を上げた。

特に日本からのバイヤーも多く参加し注目を集めた。最近悪化した日韓関係の影響で日本現地バイヤーの参加が低調すると懸念されたが、済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は「予想を上回る日本バイヤーの参加があり、済州企業が生産したさまざまな商品に対し輸入商談が行われた」と伝えた。

また東京通商代表部「済州企業の日本進出拡大のため、今回のようなイベントなどを通じてこれからも日韓企業間の交流を積極的に支援していく計画だ」と強調した。

商談会では、1:1ビジネスミーティング、輸出企業商談センター運営、現地企業訪問など多様なプログラムが行われた。

済州道経済通商振興院の文寬永院長は、「済州島を代表する優秀な商品を広めるため、契約締結やオンライン生放送販売、輸出経路拡大のための通商ネットワーク会議などを開催するなど、さまざまなイベントを準備し成功を収めた。今後も地域優秀商品を海外バイヤーに積極的に広報し、輸出はもちろん済州ブランドイメージ向上に繋げていきたい」と述べた。

○ お問い合わせ
(社)済州経済通商振興院東京通商代表部
Tel) +81-3-6457-7112 Fax) +81-3-6457-7282
Mobile) +81-80-3696-0868
E-mail) nicekuki@naver.com, choiisao@hotmail.com

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに…
  2. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  3. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  4. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
ページ上部へ戻る
Translate »