ザッカーバーグ氏、リブラについて「通貨体制への挑戦ではない…規制守る」

「グローバル決済システムの確保が目的」

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が23日(現地時間)、米下院金融サービス委員会に出席し議員らの質問に答えた。

CNBCなど海外主要メディアによると、ザッカーバーグ氏は金融通貨の安定性と個人情報、セキュリティなどを懸念する議員らの鋭い質問に対し、「リブラの目的は、法定通貨体制への挑戦ではなく、安価で普遍的なグローバル決済システムの確保にある」とし「政府の懸念が解消されるまで、リブラの発行を延期する」と明らかにした。

また、「フェイスブックはリブラ協会から退く。独立したリブラ開発のために新しい首長を探している」と述べた。

フェイスブックの個人情報の流出事件で既に公聴会に立ったことのあるザッカーバーグ氏は慎重かつ丁寧に議員らの質問に答えながらも、中国のデジタル人民元の可能性を例にあげて、「米国が技術革新を止めると、金融のリーダーシップが崩れることになる」と議員らを説得する姿も見られた。

フェイスブックは2020年上半期にリブラを公式発行する計画だったが、今回の公聴会を通じてその時期が遅れる可能性が高まったことがわかった。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »