中国人民銀行、デジタル人民元の発行を示唆

中国の高官が中央銀行のデジタル通貨(CBDC)発行が迫っていることを正式に示唆した。

コインテレグラフなど海外メディアによると、中国国際経済交流センター(CCIEE)の黄奇帆氏副会長は28日(現地時間)、上海で開かれた経済会議で「フェイスブックのリブラが成功するとは見えない」とし「中国が実用可能なデジタル通貨を発行する最初の国になるだろう」と述べた。

また「高コスト低効率的な既存のSWIFTとCHIPSを取って代わるデジタル通貨(DCEP:Digital Currency Electric Payments)の開発を中国人民銀行が主導している」と語った。

黄副会長は「DCEPを介してデジタル金融市場で通貨主権とクレジット、財政管理性を確保することができると思う」と説明した。

一方、中国の外貨管理局の関係者は同日、中国の外国為替取引でブロックチェーンと人工知能(AI)技術を積極的に活用する方策を研究していると明らかにした。

28日(現地時間)、コインポストによると、ルー・レイ外貨管理局副局長は「効果的な金融インフラの構築がリスク管理の基盤となる」とし「潜在的なリスク管理のためにブロックチェーンとAI技術を外国為替管理に積極的に活用する方案を探している」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »