カリブラ副社長、「急成長より段階的ステップ」

■カリブラ副社長、「リブラはフェイスブックのような急速な成長は難しい」
フェイスブックのリブラ開発を主導しているカリブラのケビン・ウェール副社長が5日(現地時間)、CNBCとのインタビューでリブラ開発についての独自の見解を明らかにした。

ウェール副社長は「リブラにフェイスブックのような急速な成長を期待するのは難しい」とし「数十年がかかっても着々と成長段階を踏んでいく」と述べた。また「リブラは決済サービスというよりも、送金が可能な電子メールの技術に近い」とし「送金手数料を7%水準で維持し、海外送金の負担を解決するだろう」と説明した。

会員社の離脱については、「規制の圧力でいくつかの会員社が離脱したが、リブラ協会は持続して拡張されるだろう」と予想した。

■トルコ、来年にデジタル通貨の導入推進
トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン大統領が2020年までに中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の導入準備を完了するように指示した。5日(現地時間)、ビットコインエクスチェンジガイドが報じた。最近発刊されたトルコの国政ロードマップ資料によると、トルコリラ建てのCBDC導入準備を2020年内に完了し、関連決済ソリューションの開発も並行することを目指している。同事業には、トルコの中央銀行と国策研究機関であるトルコの科学技術研究所(TUBITAK)が参加する。

エルドアン政府は昨年9月、国政運営にブロックチェーン技術を活用するブロックチェーン・インフラ構築計画を発表している。

■宝くじ当選者、当選金をビットコインに投資
5日(現地時間)、コインテレグラフによると、米国・イリノイ州に住む宝くじ当選者が当選金の半分をビットコインに投資して話題になっている。「Joxnlol」という名で知られている当選者は、今年5月に当選金35万7000ドルの半分である17万8500ドルをビットコイン購入に当てた。

11月現在のビットコイン出来高は、5月に比べ65%ほど増加している。Joxnlolは「しばらく売るつもりはない。少なくとも1年間は保持する」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »