Bakktの出来高、サービス開始以来最高値記録

■BakktのBTC先物の出来高が「史上最高水準」
ビットコイン先物取引所であるBakkt(バックト)が序盤の不振を乗り越えて活発な市場活動を見せていると、ビットコインエクスチェンジガイドが6日(現地時間)、報じた。

Bakktの出来高は10月23日を基点に急速に増加している。特に10月25日と11月5日の出来高は1千万ドルを突破するなど、出来高の増加が著しい。11月の総出来高は2億ドルを超えると予想される。

ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所が設立したBakktは今年9月23日(現地時間)に公式に発足した。

■リップルCEO、「仮想通貨の99%は将来の価値がない」
リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが6日(現地時間)、ブルームバーグとのインタビューで、仮想通貨のほとんどが役に立たない存在だと批判した。

ガーリングハウスCEOは「現在流通している3000以上の仮想通貨のうち、99%は将来価値が0に近い」とし「規模と実体面からみると、わずか1%だけがデジタル資産市場の変化を導くだろう」と述べた。

またガーリングハウスCEOは、既存の国際送金網である「SWIFT」の代替としてリップルの利点を強調し、「2〜3日がかかるSWIFTに比べ、リップルはわずか数秒で送金が可能。変動性と安定性の面でリップルがより良い代替であり、全世界の金融機関がこれを認識し始めた」と自信を見せた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  2. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  3. 中国湖北省武漢市で勤務して帰国した韓国人男性(55才)から新型コロナウイルスによる肺炎が確認されたと…
  4. 米電気自動車メーカー「テスラ」が22日(現地時間)、時価総額1000億ドルを突破した。海外メディアに…
  5. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る