Bakktの出来高、サービス開始以来最高値記録

■BakktのBTC先物の出来高が「史上最高水準」
ビットコイン先物取引所であるBakkt(バックト)が序盤の不振を乗り越えて活発な市場活動を見せていると、ビットコインエクスチェンジガイドが6日(現地時間)、報じた。

Bakktの出来高は10月23日を基点に急速に増加している。特に10月25日と11月5日の出来高は1千万ドルを突破するなど、出来高の増加が著しい。11月の総出来高は2億ドルを超えると予想される。

ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所が設立したBakktは今年9月23日(現地時間)に公式に発足した。

■リップルCEO、「仮想通貨の99%は将来の価値がない」
リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが6日(現地時間)、ブルームバーグとのインタビューで、仮想通貨のほとんどが役に立たない存在だと批判した。

ガーリングハウスCEOは「現在流通している3000以上の仮想通貨のうち、99%は将来価値が0に近い」とし「規模と実体面からみると、わずか1%だけがデジタル資産市場の変化を導くだろう」と述べた。

またガーリングハウスCEOは、既存の国際送金網である「SWIFT」の代替としてリップルの利点を強調し、「2〜3日がかかるSWIFTに比べ、リップルはわずか数秒で送金が可能。変動性と安定性の面でリップルがより良い代替であり、全世界の金融機関がこれを認識し始めた」と自信を見せた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米ウォルト・ディズニー社が野心的にリリースした動画ストリーミングサービス「ディズニー・プラス」がサ…
  2. 韓国の先月の就業者数がサービス業を中心に40万人以上増加した。3ヶ月連続30万人台以上を記録し、雇用…
  3. 米連邦準備制度理事会(FRB)元議長のアラン・グリーンスパン氏が中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC…
  4. 北朝鮮か韓国の金剛山施設撤去を要求した背景には、施設の使用権を確保しようとする意図があるという意見が…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…

おすすめ記事

  1. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  2. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  3. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  4. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  5. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
ページ上部へ戻る