北朝鮮の金剛山施設撤去要求は「施設使用権を取得するため」

北朝鮮か韓国の金剛山施設撤去を要求した背景には、施設の使用権を確保しようとする意図があるという意見が提起された。また、北朝鮮が独自の観光事業を打ち出しているが、まだ大規模な観光客を受ける準備はできていないという評価も出ている。

12日に韓国の慶南大極東問題研究所の主催で開かれた「金剛山観光に対する再考察と解決法の模索」セミナーで、ヤン・ムジン北朝鮮大学院教授は「北朝鮮は2011年に金剛山の韓国側施設について、資産凍結、没収、事業独占権取り消しまで法的に完了した」とし「北朝鮮が撤去しようとするいつでもできるのに、韓国側と文書交換で合意しようとしている」と隠された意図があると語った。

北朝鮮の隠された意図は施設使用権の確保であると分析した。ヤン教授は「年間30万人程度の観光客を中国が保証したと推定される」とし「この人数に対応するためには韓国側から施設使用権を取り戻すのが急務で、撤去というショック療法に出た」と説明した。

ロシア・モスクワ国立大学のオレグ・キリヤノフ研究委員は「北朝鮮が観光事業に大きな期待をしているようだ」とし「平壌はホテルに部屋がなく新たに建てるほどだ」と伝えた。しかし「移動の自由がなく、東南アジアに比べてコストも高い」とし「特に電気や水などの管理システムが不足していることをはじめ、大規模な観光客を受ける準備ができていない」と話した。

イ・チャンホ弁護士は、北朝鮮との契約関係の整備が必要であると明らかにした。イ弁護士は「金剛山観光中断の帰責事由が北朝鮮にあり、資産凍結・没収などの契約を破棄した」とし「2000年代初頭に結ばれた南北間の投資保障合意書を違反しており、北朝鮮としては不動産没収について補償をする義務が生じる」と主張した。

また「北朝鮮が施設をアップグレードするには、金剛山観光中断の後、北朝鮮が下した現代峨山に対する凍結、没収、特区法などの法的措置を引き戻さなければならない」とし「以後、新しい契約を結ぶことができるだろう」と展望した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米中の第一段階の貿易交渉が合意に到達した中、実際の履行過程における難関が少なからず予想される。…
  2. 日韓貿易当局が16日、東京で日本政府の輸出規制をめぐり、局長級政策対話を開いた。5か月前の課長級対話…
  3. 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が16日、韓国外交部のイ・ドフン韓半島平和交渉本部長と会談した。同席…
  4. 世界最大の証券会社であるバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが、過去10年間で最高の収益率を見せた資…
  5. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る