元FRB議長、「中央銀行発行のデジタル通貨は必要ない」

■グリーンスパン氏、「CBDC発行は不必要…リブラには反対」
米連邦準備制度理事会(FRB)元議長のアラン・グリーンスパン氏が中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)について反対する見解を明らかにした。

12日(現地時間)、AMBクリプトなど海外メディアによると、グリーンスパン氏はメディアのインタビューで「FRBがデジタル通貨を発行する必要性を感じない」とCBDCに反対する見解を示した。

また「一国の法定通貨は、その国の信用と法的裏付けなど通貨主権を包括する存在」とし「フェイスブックのような民間企業と競合する対象になってはいけない」と述べた。

■日本、2022年から高校でデジタル金融教える
2022年から日本の高校の授業で金融資産に関する内容が含まれる予定だ。

12日(現地時間)、コインポストによると、2022年度の高校の授業で金融資産の学習内容が含まれる。授業では株式や債券、年金、投資信託などの金融商品の説明と一緒に、投資とリスク、デジタル資産についても説明する。また、金融庁と日本FP協会などの協力を得て、金融機関従事者の「出張授業」もより拡大する計画だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る