元FRB議長、「中央銀行発行のデジタル通貨は必要ない」

■グリーンスパン氏、「CBDC発行は不必要…リブラには反対」
米連邦準備制度理事会(FRB)元議長のアラン・グリーンスパン氏が中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)について反対する見解を明らかにした。

12日(現地時間)、AMBクリプトなど海外メディアによると、グリーンスパン氏はメディアのインタビューで「FRBがデジタル通貨を発行する必要性を感じない」とCBDCに反対する見解を示した。

また「一国の法定通貨は、その国の信用と法的裏付けなど通貨主権を包括する存在」とし「フェイスブックのような民間企業と競合する対象になってはいけない」と述べた。

■日本、2022年から高校でデジタル金融教える
2022年から日本の高校の授業で金融資産に関する内容が含まれる予定だ。

12日(現地時間)、コインポストによると、2022年度の高校の授業で金融資産の学習内容が含まれる。授業では株式や債券、年金、投資信託などの金融商品の説明と一緒に、投資とリスク、デジタル資産についても説明する。また、金融庁と日本FP協会などの協力を得て、金融機関従事者の「出張授業」もより拡大する計画だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が日本の菅義偉新首相に対し、就任を祝福するツイートを投稿した。…
  2. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…
  3. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  4. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  5. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »