韓国、失業率が6年ぶりの低水準

韓国の先月の就業者数がサービス業を中心に40万人以上増加した。3ヶ月連続30万人台以上を記録し、雇用市場の量的成長が続いている。雇用率は23年ぶりに最高値を更新し、失業率は6年ぶりの低水準だった。

韓国統計庁が13日に発表した「2019年10月の雇用動向」によると、先月の就業者数は2750万9000人で、1年前より41万9000人増加した。就業者の増加幅は2017年3月(46万3000人)以来、2年5ヶ月ぶりに最も大きかった今年8月(45万2000人)には及ばないものの、3ヶ月連続で30万人台以上を記録した。先月の増加幅は8月を除くと、2017年4月(42万人)以来最も大きい。

失業率は3.0%で0.5%p下落した。10月基準としては2013年(2.7%)以来の低水準だ。青年失業率は7.2%で先月より1.2%p下落した。青年失業率も2012年10月の6.8%以来、7年ぶりの低水準だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米中の第一段階の貿易交渉が合意に到達した中、実際の履行過程における難関が少なからず予想される。…
  2. 日韓貿易当局が16日、東京で日本政府の輸出規制をめぐり、局長級政策対話を開いた。5か月前の課長級対話…
  3. 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が16日、韓国外交部のイ・ドフン韓半島平和交渉本部長と会談した。同席…
  4. 世界最大の証券会社であるバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが、過去10年間で最高の収益率を見せた資…
  5. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る