ディズニーが動画ストリーミング開始…サーバー接続問題が発生

米ウォルト・ディズニー社が野心的にリリースした動画ストリーミングサービス「ディズニー・プラス」がサービス初日からさまざまなエラーが発生した。ディズニー側は突然のアクセス急増による障害だと説明した。

ディズニーは12日(現地時間)、「ディズニー・プラス」のサービスを開始した。「ディズニー・プラス」はディズニーのオリジナルコンテンツをはじめ、ピクサーとマーベル、スターウォーズ、ナショナルジオグラフィックなど「ディズニーグループ」が保有する膨大なコンテンツを独自のアプリケーションやウェブサイトを介してTVやモバイル、タブレット、PCなどの機器に提供するストリーミングサービス。

ディズニー社は現在ネットフリックスが掌握している動画ストリーミング業界で5年以内に映画オリジナルコンテンツ60編、TVシリーズ1万本、映画620本を披露し、業界で優位を占めるのが目標だ。「ディズニーグループ」の1次リリース地域は米国、カナダ、オランダ。価額は毎月6.99ドルだが、3年契約をすると月3.92ドルとなるキャンペーンを実施している。

しかし、サービス開始直後の米東部時間午前7時頃、ウェブサイトの障害を追跡する「ダウンディテクター」によると、総7300件の技術エラーが発生した。主には接続障害だった。

ディズニーの広報担当者はこれについて、「ディズニー・プラスに対する消費者の需要が私たちの期待よりもはるかに高かった」とし「現在、問題を解決するために迅速に対応している」と述べた。専門家らも「サーバーの容量が十分ではなかったようだ」と分析している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »