韓国NAVER「LINE」+日本ソフトバンク「ヤフー」、経営統合最終調整段階に

‐両社経営統合最終段階
‐約1億人規模のプラットフォーム誕生

韓国NAVERの日本子会社「LINE」と日本のソフトバンク子会社の検索ポータル「ヤフー」が経営統合に向け最終調整に入っていると日本メディアが13日、報じた。最終的に統合が成されれば日韓両国最大のIT企業間の統合となり、1億人規模のメガ・プラットフォームの誕生となる。

日本で「国民的メッセンジャー」とも呼ばれるLINEの利用者は約8000万人で、日本で検索ポータル1位のヤフーの利用者は5000万人に上る。LINEの株式は韓国NAVERが70%を保有している。日本最大の検索エンジンであるヤフーは孫正義会長が率いるソフトバンクが40%の株式を保有するZホールディングスが筆頭株主だ。

日経新聞によると、経営統合は「NAVERとソフトバンクがそれぞれ50%ずつ出資→新規法人設立→Zホールディングス→LINE、ヤフー」の構造で現在協議中だ。両社は今月中の統合に向けた基本合意を目標としているという。

統合になると、日本の検索エンジンとメッセンジャー企業間の経営統合が成されると同時に、1億人規模の検索・金融・ITサービスが可能なプラットフォームが誕生する事になる。アジア地域で米国のグーグルなどのメガ・プラットフォームに対抗出来る基盤が作られるとの予測もみられる。

しかしソフトバンクとNAVERの内、どちらが統合法人の経営権を握るのか、1対1の統合なのかなどについては未だ明確にされていない。ただし統合法人の出資比率が50対50で、その下に位置するソフトバンク子会社のZホールディングスがLINEとヤフーを従える形となるだけに、事実上LINEがソフトバンク傘下に組み込まれるのではないかとみられる。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…
  2. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  3. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  4. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  5. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »