韓国NAVER「LINE」+日本ソフトバンク「ヤフー」、経営統合最終調整段階に

‐両社経営統合最終段階
‐約1億人規模のプラットフォーム誕生

韓国NAVERの日本子会社「LINE」と日本のソフトバンク子会社の検索ポータル「ヤフー」が経営統合に向け最終調整に入っていると日本メディアが13日、報じた。最終的に統合が成されれば日韓両国最大のIT企業間の統合となり、1億人規模のメガ・プラットフォームの誕生となる。

日本で「国民的メッセンジャー」とも呼ばれるLINEの利用者は約8000万人で、日本で検索ポータル1位のヤフーの利用者は5000万人に上る。LINEの株式は韓国NAVERが70%を保有している。日本最大の検索エンジンであるヤフーは孫正義会長が率いるソフトバンクが40%の株式を保有するZホールディングスが筆頭株主だ。

日経新聞によると、経営統合は「NAVERとソフトバンクがそれぞれ50%ずつ出資→新規法人設立→Zホールディングス→LINE、ヤフー」の構造で現在協議中だ。両社は今月中の統合に向けた基本合意を目標としているという。

統合になると、日本の検索エンジンとメッセンジャー企業間の経営統合が成されると同時に、1億人規模の検索・金融・ITサービスが可能なプラットフォームが誕生する事になる。アジア地域で米国のグーグルなどのメガ・プラットフォームに対抗出来る基盤が作られるとの予測もみられる。

しかしソフトバンクとNAVERの内、どちらが統合法人の経営権を握るのか、1対1の統合なのかなどについては未だ明確にされていない。ただし統合法人の出資比率が50対50で、その下に位置するソフトバンク子会社のZホールディングスがLINEとヤフーを従える形となるだけに、事実上LINEがソフトバンク傘下に組み込まれるのではないかとみられる。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る