韓国NAVER「LINE」+日本ソフトバンク「ヤフー」、経営統合最終調整段階に

‐両社経営統合最終段階
‐約1億人規模のプラットフォーム誕生

韓国NAVERの日本子会社「LINE」と日本のソフトバンク子会社の検索ポータル「ヤフー」が経営統合に向け最終調整に入っていると日本メディアが13日、報じた。最終的に統合が成されれば日韓両国最大のIT企業間の統合となり、1億人規模のメガ・プラットフォームの誕生となる。

日本で「国民的メッセンジャー」とも呼ばれるLINEの利用者は約8000万人で、日本で検索ポータル1位のヤフーの利用者は5000万人に上る。LINEの株式は韓国NAVERが70%を保有している。日本最大の検索エンジンであるヤフーは孫正義会長が率いるソフトバンクが40%の株式を保有するZホールディングスが筆頭株主だ。

日経新聞によると、経営統合は「NAVERとソフトバンクがそれぞれ50%ずつ出資→新規法人設立→Zホールディングス→LINE、ヤフー」の構造で現在協議中だ。両社は今月中の統合に向けた基本合意を目標としているという。

統合になると、日本の検索エンジンとメッセンジャー企業間の経営統合が成されると同時に、1億人規模の検索・金融・ITサービスが可能なプラットフォームが誕生する事になる。アジア地域で米国のグーグルなどのメガ・プラットフォームに対抗出来る基盤が作られるとの予測もみられる。

しかしソフトバンクとNAVERの内、どちらが統合法人の経営権を握るのか、1対1の統合なのかなどについては未だ明確にされていない。ただし統合法人の出資比率が50対50で、その下に位置するソフトバンク子会社のZホールディングスがLINEとヤフーを従える形となるだけに、事実上LINEがソフトバンク傘下に組み込まれるのではないかとみられる。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »