グーグル、来年に銀行口座サービス開始…金融に進出

ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始する予定だ。グーグルは既存の銀行と争うより口座サービスを介してより多くのデータを集め、グーグルだけの生態系(エコシステム)を構築することに注力するとみられる。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は13日(現地時間)、グーグルが「キャッシュ」というプロジェクト名で口座開設サービスを準備しており、シティグループとスタンフォード連邦信用組合と協力する計画だと報じた。スタンフォード信用組合は、カリフォルニア州スタンフォード大学内の金融業者で、規模は小さいが、役員をはじめ、多くのグーグル従業員が同信用組合に口座を開設している。

グーグル副社長は、WSJとのインタビューで、「私たちは、銀行や金融システムと深く協力する計画」とし「少し遠い道のりになるが、より持続可能な方法である」と説明した。

グーグルのライバル、アップルはすでに2014年に独自の決済システム「アップルペイ」を発売しており、今年の夏にはクレジットカードサービス計画も発表した。フェイスブックも今月12日に「フェイスブックページ」を披露し、さらに仮想通貨「リブラ」の発行を準備している。アマゾンはグーグルのような口座開設サービスを検討中だ。

グーグルが口座サービスを準備する理由は“データ”にあるとみられる。銀行口座自体がすでに日常的なもので、頻繁に変える製品もないが、消費パターンや給与水準などIT企業の立場からは有用な情報を取得し易い。またグーグルが運営するウォレットサービスとの連携も可能で、グーグルはさらなる市場の拡大を期待する模様だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…
  2. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  3. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  4. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  5. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »