グーグル、来年に銀行口座サービス開始…金融に進出

ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始する予定だ。グーグルは既存の銀行と争うより口座サービスを介してより多くのデータを集め、グーグルだけの生態系(エコシステム)を構築することに注力するとみられる。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は13日(現地時間)、グーグルが「キャッシュ」というプロジェクト名で口座開設サービスを準備しており、シティグループとスタンフォード連邦信用組合と協力する計画だと報じた。スタンフォード信用組合は、カリフォルニア州スタンフォード大学内の金融業者で、規模は小さいが、役員をはじめ、多くのグーグル従業員が同信用組合に口座を開設している。

グーグル副社長は、WSJとのインタビューで、「私たちは、銀行や金融システムと深く協力する計画」とし「少し遠い道のりになるが、より持続可能な方法である」と説明した。

グーグルのライバル、アップルはすでに2014年に独自の決済システム「アップルペイ」を発売しており、今年の夏にはクレジットカードサービス計画も発表した。フェイスブックも今月12日に「フェイスブックページ」を披露し、さらに仮想通貨「リブラ」の発行を準備している。アマゾンはグーグルのような口座開設サービスを検討中だ。

グーグルが口座サービスを準備する理由は“データ”にあるとみられる。銀行口座自体がすでに日常的なもので、頻繁に変える製品もないが、消費パターンや給与水準などIT企業の立場からは有用な情報を取得し易い。またグーグルが運営するウォレットサービスとの連携も可能で、グーグルはさらなる市場の拡大を期待する模様だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る