ペイパル、ポーンハブとの支払い契約が終了…仮想通貨にはチャンス?

■ポーンハブでの支払いは仮想通貨?
グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダルト動画ストリーミング「ポーンハブ(PornHub)」の支払い契約が終了したことで、仮想通貨業界がざわめいている。

14日、CCNによると、両社の契約終了で仮想通貨がポーンハブの決済と支払い手段として使われる可能性が高いとの期待感から注目を集めているという。バイナンスのジャオ・チャンポンCEOもツイッターに「仮想通貨業界に新たな機会」と言及した。

ポーンハブは2018年からトロン(TRX)とゼンキャッシュ(ZEN)など仮想通貨決済をサポートするなど、仮想通貨の導入に積極的な姿勢を示している。

■リップル、1日の送金額が2億ドル
リップルの傘下の投資・開発企業「エクスプリング(Xpring)」は14日、メディアを通じてリップルの1日送金処理額が最大2億ドルに達したと明らかにした。

エクスプリングの副社長はインタビューで「リップルの流動性が急激に増加しており、一日の送金処理額が10万ドルから最大2億ドルに達した」と伝えた。また「リップルの最大の強みは柔軟性と利便性。まるで電子メールを送信するように、国境を越えた決済と送金を簡単に行うことができる」と強調した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »