ペイパル、ポーンハブとの支払い契約が終了…仮想通貨にはチャンス?

■ポーンハブでの支払いは仮想通貨?
グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダルト動画ストリーミング「ポーンハブ(PornHub)」の支払い契約が終了したことで、仮想通貨業界がざわめいている。

14日、CCNによると、両社の契約終了で仮想通貨がポーンハブの決済と支払い手段として使われる可能性が高いとの期待感から注目を集めているという。バイナンスのジャオ・チャンポンCEOもツイッターに「仮想通貨業界に新たな機会」と言及した。

ポーンハブは2018年からトロン(TRX)とゼンキャッシュ(ZEN)など仮想通貨決済をサポートするなど、仮想通貨の導入に積極的な姿勢を示している。

■リップル、1日の送金額が2億ドル
リップルの傘下の投資・開発企業「エクスプリング(Xpring)」は14日、メディアを通じてリップルの1日送金処理額が最大2億ドルに達したと明らかにした。

エクスプリングの副社長はインタビューで「リップルの流動性が急激に増加しており、一日の送金処理額が10万ドルから最大2億ドルに達した」と伝えた。また「リップルの最大の強みは柔軟性と利便性。まるで電子メールを送信するように、国境を越えた決済と送金を簡単に行うことができる」と強調した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »