香港警察トップに「強硬派」任命… 鎮圧を加速するか

香港デモ隊の最後の砦とされる香港理工大学に警察が突入したことをきっかけに、香港警察の鎮圧水位がさらに高まる見通しだ。

19日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、香港警察はデモ隊の拠点と知られている香港理工大に突入した。市民や学生らなどのデモ隊の参加者約400人は警察の制圧作戦で逮捕された。

また中国共産党機関紙の人民日報によると、中国国務院は同日、香港警察のトップである警務処長に鄧炳強氏を任命した。鄧氏は6月から香港デモ事態に対応する「タイドライダー」作戦を導いてきた警務副処長で、犯罪や暴力組織には強硬対応を堅持する人物として知られている。

中国政府がこのような強硬派の人物を香港警察トップに任命したのは、今回の理工大制圧作戦をきっかけに長期化されつつある香港デモ局面を転換させるためとみられる。習近平中国国家主席が最近、“香港の暴力事態”の終息を公に明らかにしたことも今回の措置の背景として挙げられている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  2. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  3. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…
  4. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  5. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »