香港警察トップに「強硬派」任命… 鎮圧を加速するか

香港デモ隊の最後の砦とされる香港理工大学に警察が突入したことをきっかけに、香港警察の鎮圧水位がさらに高まる見通しだ。

19日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、香港警察はデモ隊の拠点と知られている香港理工大に突入した。市民や学生らなどのデモ隊の参加者約400人は警察の制圧作戦で逮捕された。

また中国共産党機関紙の人民日報によると、中国国務院は同日、香港警察のトップである警務処長に鄧炳強氏を任命した。鄧氏は6月から香港デモ事態に対応する「タイドライダー」作戦を導いてきた警務副処長で、犯罪や暴力組織には強硬対応を堅持する人物として知られている。

中国政府がこのような強硬派の人物を香港警察トップに任命したのは、今回の理工大制圧作戦をきっかけに長期化されつつある香港デモ局面を転換させるためとみられる。習近平中国国家主席が最近、“香港の暴力事態”の終息を公に明らかにしたことも今回の措置の背景として挙げられている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る