“フェイスブックペイ”、「リブラ発行導く足場」

■米仮想通貨取引所、「フェイスブックペイはリブラ発行の前段階」
米仮想通貨取引所SFOXが報告書を介して、「フェイスブックペイ」が仮想通貨市場に与える影響について分析した。

19日(現地時間)、AMBクリプトによると、同報告書は「フェイスブックのリブラが各種規制圧迫に悩まされている中、最近発表されたフェイスブックペイがリブラ開発の新たな方向性を提示している」と分析した。

また「フェイスブックペイは法定通貨を利用してグローバル決済サービスが十分に可能であることを示す事例。その次の段階がブロックチェーン基盤のリブラだ」とし「リブラ発行を導く足場の役割をすることになるだろう」と伝えた。

■日銀総裁「デジタル通貨の発行はない」
黒田東彦日銀総裁が中央銀行発行のデジタル通貨についての見解を明らかにした。

19日(現地時間)、コインポストによると、黒田総裁は参議院財政金融委員会に出席し、「現在としては、円ベースのデジタル通貨の発行計画はない」と述べた。しかし「大規模の顧客基盤を持つ企業がグローバルレベルのデジタル通貨を発行・流通したときに備えた準備は整える必要がある」と説明した。

■中国CCTV「ブロックチェーン・プロジェックトの90%がバブル」
19日(現地時間)、コインテレグラフによると、中国の国営放送局であるCCTVが中国ブロックチェーン産業を診断する時事番組「ブロックチェーンは現金チェーンではない」を18日深夜放送した。放送では「中国内のブロックチェーン・プロジェクトは3万2000件以上と知られているが、そのなかに実際に技術を確保したり、プロジェクトを運営するのは、全体の10%未満で、残りはバブルだ」と指摘した。

また「犯罪防止と適切な規制が、中国ブロックチェーン産業の革新と発展を促進する重要な手段だ」と強調した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »