中ファーウェイ、スマホで「ビットコインウォレット」ダウンロード可能に

中ファーウェイ、スマホでビットコインウォレットダウンロード可能に

中国のファーウェイ製スマートフォン端末を持つ人はビットコインの売買がより便利になりそうだ。

ブルームバーグは11日、世界3位の通信機器メーカーであるファーウェイが11日から自社製のスマートフォン端末でビットコインウォレットをダウンロードできるサービスを開始すると報じだ。これはファーウェイが自社初で提供する仮想通貨のアプリサービスとなる。

ファーウェイは仮想通貨取引所BTC.comのビットコインウォレットを自社独自のアプリストアAppGalleryを通じて配信する予定だ。同アプリは全てのファーウェイ・オーナー(Honor)端末に基本アプリとしてインストールされ、今後は数カ月以内に他の端末にまでも拡大する方針だ。

ブルームバーグは、中国のスマートフォン市場において最大のシェアを持つファーウェイの名声を考えると、今回の動きが現地の市場に極めて大きな影響をもたらす可能性があると評価した。

中国政府はAndroidのGoogleplayストアやアップルのアイチューンズの一部を閉鎖し、BTC.comのようなアプリへの接近を制限している。しかし、政府の取引プラットフォーム閉鎖や仮想通貨公開(ICO)の禁止にも関わらず、中国人は今も仮想通貨を保有することができる。

BTC.comは「中国市場を活用できる良い機会」とし「現金を持たず、アプリで決済できる使用の例は限りなく多いが、既存の銀行システムはその力量が足りない。仮想通貨決済の成長の可能性がさらに大きくなるとみられる」と述べた。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  2. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…
  3. 米銀大手JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨を発行する予定だと米放送局CNBCが14日(現地時間)…
  4. 米EV車メーカー、テスラが対中国輸出を急いでいる様子だ。海外メディアによると、米中貿易交渉の決裂に備…
  5. エネルギーに対する経済依存脱却を推進して来たサウジアラビアが、これまで国内に限られていた石油・ガスの…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る