中ファーウェイ、スマホで「ビットコインウォレット」ダウンロード可能に

中ファーウェイ、スマホでビットコインウォレットダウンロード可能に

中国のファーウェイ製スマートフォン端末を持つ人はビットコインの売買がより便利になりそうだ。

ブルームバーグは11日、世界3位の通信機器メーカーであるファーウェイが11日から自社製のスマートフォン端末でビットコインウォレットをダウンロードできるサービスを開始すると報じだ。これはファーウェイが自社初で提供する仮想通貨のアプリサービスとなる。

ファーウェイは仮想通貨取引所BTC.comのビットコインウォレットを自社独自のアプリストアAppGalleryを通じて配信する予定だ。同アプリは全てのファーウェイ・オーナー(Honor)端末に基本アプリとしてインストールされ、今後は数カ月以内に他の端末にまでも拡大する方針だ。

ブルームバーグは、中国のスマートフォン市場において最大のシェアを持つファーウェイの名声を考えると、今回の動きが現地の市場に極めて大きな影響をもたらす可能性があると評価した。

中国政府はAndroidのGoogleplayストアやアップルのアイチューンズの一部を閉鎖し、BTC.comのようなアプリへの接近を制限している。しかし、政府の取引プラットフォーム閉鎖や仮想通貨公開(ICO)の禁止にも関わらず、中国人は今も仮想通貨を保有することができる。

BTC.comは「中国市場を活用できる良い機会」とし「現金を持たず、アプリで決済できる使用の例は限りなく多いが、既存の銀行システムはその力量が足りない。仮想通貨決済の成長の可能性がさらに大きくなるとみられる」と述べた。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »