撃たれた香港青年、「銃弾で人を殺しても信念は殺せない」

デモ参加の際に香港警官の発砲に重傷を負った青年が「銃弾で人の命を奪うことはできるが、信念を殺すことはできない」と伝えた。

パトリック・チャウ(21)氏は今月11日、デモに参加した際に警官が撃った実弾に腹部を撃たれた。彼が銃弾に撃たれて倒れる様子は撮影され、ネット上に拡散。より過激な反政府デモのきっかけとなった。

銃撃以降手術を受けたチャウ氏は23日、米CNNのインタビューに応じ、「警官が発砲する理由はなかった」とし「警官が銃を挙げて他のデモ参加者を狙うことを見て、“なぜ銃を狙うのか、彼は何もしてない”と言った」と当時の状況を説明した。

同銃撃事件と関連し、香港警察当局は、警官が他のデモ参加者を逮捕する時にチャウ氏が警官に接近して銃を奪おうとしたため、銃を発射したと明らかにしている。

チャウ氏は撃たれた後、病院に運ばれ、右の腎臓と肝臓の一部を切除する手術を受けた。

「民主主義に命を捧げる価値はあるのか」という質問にチャウ氏は、「民主主義と自由は、基本的なもの。政府はこれを拒否している」と指摘。また「香港の人々は、より勇敢に対抗している」とし「若い人たちが乗り出して、政府に立ち向かわないと、我々はもっと激しい鍛圧を受けることになる。今、声を出さなければ、明日はその機会さえ消えるかもしれない」と呼び掛けた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »