撃たれた香港青年、「銃弾で人を殺しても信念は殺せない」

デモ参加の際に香港警官の発砲に重傷を負った青年が「銃弾で人の命を奪うことはできるが、信念を殺すことはできない」と伝えた。

パトリック・チャウ(21)氏は今月11日、デモに参加した際に警官が撃った実弾に腹部を撃たれた。彼が銃弾に撃たれて倒れる様子は撮影され、ネット上に拡散。より過激な反政府デモのきっかけとなった。

銃撃以降手術を受けたチャウ氏は23日、米CNNのインタビューに応じ、「警官が発砲する理由はなかった」とし「警官が銃を挙げて他のデモ参加者を狙うことを見て、“なぜ銃を狙うのか、彼は何もしてない”と言った」と当時の状況を説明した。

同銃撃事件と関連し、香港警察当局は、警官が他のデモ参加者を逮捕する時にチャウ氏が警官に接近して銃を奪おうとしたため、銃を発射したと明らかにしている。

チャウ氏は撃たれた後、病院に運ばれ、右の腎臓と肝臓の一部を切除する手術を受けた。

「民主主義に命を捧げる価値はあるのか」という質問にチャウ氏は、「民主主義と自由は、基本的なもの。政府はこれを拒否している」と指摘。また「香港の人々は、より勇敢に対抗している」とし「若い人たちが乗り出して、政府に立ち向かわないと、我々はもっと激しい鍛圧を受けることになる。今、声を出さなければ、明日はその機会さえ消えるかもしれない」と呼び掛けた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »