米株、連日最高値更新…アマゾン効果でナスダックは初の9000台に

米ニューヨーク証券取引所のナスダック指数が26日(現地時間)、史上初めて9000台を超えた。1971年に発足した情報技術(IT)株中心のナスダック総合指数は昨年8月に8000台を突破。9000台までわずか16ヶ月がかかったことになる。

同日のナスダック指数は前取より0.78%高の9022.39で取引を終えた。10取引日連続で史上最高値の更新。9000台突破の主役は、世界最大の電子商取引企業であるアマゾンだ。11月末から12月まで続くホリデーシーズンでアマゾンは史上最大の販売実績を達成したと伝えられ、今年1月以来最大の上昇幅である4.45%の株価上昇率を記録した。

ダウ平均とS&P 500指数も最高値を更新した。ダウ平均は前日より105.94ポイント上昇した2万8621.39ポイントを記録し、S&P 500は16.53ポイント上がった3239.91で取引を終えた。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は中央銀行である連邦準備制度の低金利基調の中で経済が緩やかな成長を続けているうえ、投資心理を委縮させた米中の「貿易戦争」が両国の第1段階の貿易合意で多少落ち着きを見せ、証券市場の周辺環境がこれまで以上に友好的だと分析した。さらに米国の消費者の消費心理も追い風となり、年末の株式市場に「サンタラリー」が続いているという。サンタラリーは、毎年最後の5取引日と新年最初の2取引日に株価が上昇する現象をいう。

一方、トランプ米大統領は、今回の年末の株式市場の雰囲気を自分の功績に活用している。トランプ大統領は同日、自身のツイッターに「ナスダックが初めて9000台を突破した」としながら、トランプ政権3年間の株価上昇率が歴代大統領の平均値の2倍以上という内容のCNBCの記事をリツイートした。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国銀行は28日、金融通貨委員会で政策金利を引き下げた。これは韓国経済の成長鈍化に対する憂慮が高まっ…
  2. 10億ドル以上の仮想通貨を保有する、「クジラ」と呼ばれる大口投資家らが最近、ビットコインを買い集めて…
  3. 3月23日にトレーダー2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、立会場を全面閉鎖したニューヨーク証券…
  4. 米中対立が中華圏に飛び火している。中国による香港の国家保安法制定や台湾による最先端魚雷購入推進に米中…
  5. ドイツ連邦統計庁は25日(現地時間)、ドイツのGDPが第1四半期にマイナス2.2%を記録したと発表し…

おすすめ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  2. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  3. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  4. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
  5. 世界各地で移動制限(シャットダウン)が徐々に緩和される事で、新型コロナウイルスの感染者が再び増加する…
ページ上部へ戻る
Translate »