生体情報提供でトークンがもらえる「プラズム・プロジェクト」、28日から投資家募集

生体情報提供でトークンがもらえる「プラズム・プロジェクト」、28日から投資家募集

生体情報を提供すると仮想通貨がもらえる「プラズム・プロジェクト」が28日からプレセールを通じて投資家を募集する。24日に発表した。

プラズムは、21日に開催された初めてのミットアップイベントにて具体的なプロジェクトの計画を発表した。プラズムはAI(人工知能)を用いて、IoT(モノのインターネット)、検査機関、病院など様々なルートによって取集された生体情報を処理するバイオインフォマティックス・ネットワークだ。ブロックチェーンをヘルスケアとつなぎ合わせることで、生体情報を安全に活用をするのが同プロジェクトの目的だ。

セーブされた生体情報は、AIが分析し利用者に合わせたソリューションを案内する。パーソナライズ・ソリューションにはサプリメントやウェルネスサービス、デバイスなどがある。プラズムプロジェクトは、利用者が自分の生体情報を望む分だけ提供し、そのリワードとしてプラズムのトークンをもらえる仕組みだ。

マレーシア出身でプラズムの医療ツーリズムディレクターとして務めているタン・ティー・カイ氏は「世界の医療ツーリズムやウェルネスツーリズムの市場は急成長している」とし「ブロックチェーンを利用して生体情報を共有すると、個々の消費者の特性に沿ってパーソナライズされたサービスが提供できる」と述べた。

プラズムで事業開発を担当しているキム・ソンジン(旧ドックプル代表)氏は「キュア(cure)からケア(care)へ、オフラインからオンラインへ拡張していくのが世界的なトレンド」とし、「もはや、既存のヘルスケアからウェルネスへと概念を拡張すべきだ」と強調した。

プラズムは28日から翌月3日まで、プレセールを行う予定だ。発行するトークンは全40億個。プレセール期間中には10%のボーバストークンがもらえる。プラズムはプレセール、アーリーバードセール、クラウドセールまで行う予定。それが終わってからは、ウェルネスセンターの設立やAI基盤プロトコルの開発などを進める計画だ。

翻訳:尹 怡景

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »