米国にまで広がる新型肺炎…WHO国際緊急事態か判断へ

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が初めて米国でも確認された。中国の首都北京をはじめ感染者数も増加している。WHO(世界保健機構)は緊急委員会を開いて国際緊急事態であるかを判断する。

AFPや香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)などによると22日、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は現地時間21日、中国武漢市への旅行から帰国した米ワシントン州シアトル近郊在住の30代男性が新型コロナウイルスに感染していた事が確認された。

この男性は今月15日、シアトル・タコマ国際空港から入国し、ワシントン州エバレットの医療施設で治療を受けていた。

ロイターは「この男性は新型肺炎に関するニュースを目にした後、自身の症状が類似していると考え、自発的に医療当局を訪れた」と報じている。

CDCはこの男性と接触した人々に対しても疫学調査を行っている。また武漢市への渡航の警戒レベルを2に引き上げた。渡航警戒レベル2は旅行中に病気の人物や動物などとの接触を避けるべきとするものだ。

中国国内では新型コロナウイルス感染者が更に増加している。中国衛生健康委員会やSCMPなどは湖北省の270人をはじめ、北京市10人、広東省17人、上海市6人、浙江省5人、天津市2人、河南省1人、重慶市5人、四川省1人、山東省1人の新型肺炎患者が確認されていると発表した。

この様な中、WHOはこの日、新型コロナウイルスに関する緊急委員会を開く。これには中国も参席する。WHOは同委員会で、中国で発生した新型コロナウイルスが国際的な緊急事態に該当するか判断する。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »