韓国軍「北、複数の短距離飛翔体発射」…飛行距離200km、高度50km

-「複数の放射砲含む合同打撃訓練実施」

韓国軍は9日午前7時36分頃、北朝鮮が咸鏡南道宣徳(ソンドク)付近から北東の日本海上に向けて発射した複数の飛翔体を捉えたと発表した。

飛翔体の飛行距離は最大で約200km、高度は最高で約50kmとみられ、詳細については米韓の情報当局が精密分析中。韓国軍は今回の発射が2月28日と3月2日に行なわれた冬季訓練の一環で、複数の放射砲を含む合同打撃訓練を実施したものだとみている。

韓国軍は現在、追加の発射に備えて関連動向を綿密に注視しており、これに備えた態勢も維持している。またこの様な北朝鮮の行動は朝鮮半島における軍事的緊張緩和と信頼構築に向けて努力するとした「9.19軍事合意」の基本精神に反するものだとして、遺憾の意を表明した。

北朝鮮が飛翔体を発射したのは今月2日以来で1週間振りの事。今月3日に北朝鮮労働新聞は、前日、金正恩国務委員長が長距離砲兵部隊の放射弾発射訓練を指導したと報じている。

韓国軍が発射場所として認識している咸鏡南道の宣徳は昨年8月24日、北朝鮮が超大型放射砲試験射撃を行なった場所。労働新聞は翌日、「世界に無い、また一つの自国開発兵器が誕生した」と伝えた。特に金正恩委員長が「本当に素晴らしい武器」、「一度も見た事の無い武器体系を一回で成功させた」、「大きな仕事をやり遂げた」と好評した事を報じている。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »