韓国軍「北、複数の短距離飛翔体発射」…飛行距離200km、高度50km

-「複数の放射砲含む合同打撃訓練実施」

韓国軍は9日午前7時36分頃、北朝鮮が咸鏡南道宣徳(ソンドク)付近から北東の日本海上に向けて発射した複数の飛翔体を捉えたと発表した。

飛翔体の飛行距離は最大で約200km、高度は最高で約50kmとみられ、詳細については米韓の情報当局が精密分析中。韓国軍は今回の発射が2月28日と3月2日に行なわれた冬季訓練の一環で、複数の放射砲を含む合同打撃訓練を実施したものだとみている。

韓国軍は現在、追加の発射に備えて関連動向を綿密に注視しており、これに備えた態勢も維持している。またこの様な北朝鮮の行動は朝鮮半島における軍事的緊張緩和と信頼構築に向けて努力するとした「9.19軍事合意」の基本精神に反するものだとして、遺憾の意を表明した。

北朝鮮が飛翔体を発射したのは今月2日以来で1週間振りの事。今月3日に北朝鮮労働新聞は、前日、金正恩国務委員長が長距離砲兵部隊の放射弾発射訓練を指導したと報じている。

韓国軍が発射場所として認識している咸鏡南道の宣徳は昨年8月24日、北朝鮮が超大型放射砲試験射撃を行なった場所。労働新聞は翌日、「世界に無い、また一つの自国開発兵器が誕生した」と伝えた。特に金正恩委員長が「本当に素晴らしい武器」、「一度も見た事の無い武器体系を一回で成功させた」、「大きな仕事をやり遂げた」と好評した事を報じている。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »