「パニック売り」… ビットコイン40%超える暴落

ビットコインが40%を超える下落で4500ドル台まで割り込んだ。新型コロナウイルスの拡散による世界金融市場の後退が仮想通貨市場に大きく影響され、崩壊直前の険悪な雰囲気が市場全体を支配しているような模様だ。

仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、13日午前11時基準でビットコインの価額は過去24時間前より約44.47%安の4322ドル前後で推移している。イーサリアム(ETH)も4%9.33%安の95ドル台で取引されており、リップル(XRP)は42.1%以上下落して0.11ドル台の値を記録している。

暴落の原因は世界保健機関(WHO)の「パンデミック宣言」。新型コロナウイルスの感染拡大について「パンデミック(世界的大流行)にあたる」と宣言したことで、世界金融市場が激しく揺れた。その上に米トランプ大統領の欧州発入国制限措置が出される、世界株が一斉に暴落。前日のニューヨーク株式市場は約10%安という33年ぶりの大暴落が起きった。安全資産である金まで売られるほど世界の投資資産が「パニック売り」の様子を見せている。

一方、「今の暴落相場はチャンスだ」という意見も一部の専門家の意見も聞こえる。世界有数の仮想通貨資産運用会社グレースケール・インベストメンツの最高経営責任者(CEO)バリー・シルバート氏は同日、ツイッターに「市場が暴落した今がビットコイン買収の機会」としながら、「ビットコインが発明された理由がまさにこれだ」と投稿した。

100倍レバレッジで有名な仮想通貨取引所ビットメックスの最高経営責任者(CEO)アーサー・ヘイズ氏も「ビットコイン市場もコロナウイルスによるパニック心理に影響を受ける。すでに弱気相場に入ったビットコイン市場でヘッジファンドがコインを売ることは明らかで、これがビットコインの売り圧力をさらに強めるだろう」としながらも、「ビットコインの安全資産としての地位を信じている。2020年末までにビットコインは2万ドルまで上昇するだろう」と予測した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »