中央団長が談話文発表「団員と同胞も健康管理と身辺の衛生管理に留意を」

民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに対し、団員と同胞も引き続き感染症の防止に努め、健康管理と身辺の衛生管理に留意するよう呼びかける談話を発表した。

談話文
日本政府は4月7日、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令しました。対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県です。

この事態に際し、終息の見えない状況が続くなかで、全国の団員・同胞の皆さんにおかれましては、不安な思いで過ごしておられることと存じます。日本政府をはじめ、各自治体では様々な防止対策を打ち出していますが、民団では、団員・同胞の健康、生命と生活を守る立場から、各級組織や関連機関、韓日当局とも緊密に連携し、万全の態勢と対応に努めております。

深刻な感染拡大が憂慮される中、団員・同胞の皆さんの生活や経済、社会活動に及ぼす影響を最小限にとどめるため、民団は各政党や関係機関への要望活動を展開しております。同胞に対する不当な差別がないよう対処するとともに、同胞が営んでいる各種事業体への融資や正当な配慮等が行われるよう要望活動をより強化させています。
 
民団は、この度のコロナウイルス感染の拡大により同胞社会の活力が失われないよう、今後も責任ある活動を維持しながら、皆さんの暮らしを守り、同胞の経済活動をお支えしていくために全力を尽くしてまいります。

団員・同胞の皆さんにおかれましては、引き続き感染症の防止に努めていただき、くれぐれも健康管理と身辺の衛生管理にご留意されてください。ともに一緒になってこの危機を乗り越えてまいりましょう。

民団のホームページから
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が日本の輸出規制強化措置について、世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを再開すると発表した…
  2. 新型コロナウイリスの影響でしばらくドアを閉めて最近営業を再開したばかりの米アップルストア。しかし米全…
  3. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  4. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  5. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »