トランプ大統領、WHOへの拠出金停止…「新型コロナへの対応失敗」と追及

米国のドナルド・トランプ大統領がWHO(世界保健機構)への拠出金停止を宣言した。

米国の政治専門メディア、ポリティコなどによると現地時間14日、トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスのローズガーデンで開かれた記者会見で「WHOが新型コロナウイルスへの対応を誤り、パンデミック(世界的大流行)がもたらされた」とし、この様な決定を下したと話した。

トランプ大統領は「WHOが中国で発生した新型コロナウイルス感染症の深刻さを隠蔽し、全世界に拡散させた」とも話している。

また「WHOが現場で状況を客観的に評価出来る様、医療専門家らの中国への派遣に向けてきちんと仕事をしていたなら、中国の透明性の欠如を批判するのにおいてきちんと仕事をしていたなら、死亡者を非常に少ない規模に減らす事が出来ていただろうし、数千人の命を救う事が出来ただろう」と主張した。

更にWHOが「基本的な義務を全う出来なかった。これについては必ず責任を負わなければならない」と話し、「米国は毎年4〜5億ドルの拠出金をWHOに出しているが、中国はおよそ4000万ドルしか出していない」と不満を顕にした。

トランプ大統領は現在のところ、WHOに割り当てていた資金を他の国際保健機構に再分配するとしながらも、意味ある改革のためにもWHOには引き続き関与して行く事を明らかにしている。

トランプ大統領によるWHOへの拠出金停止宣言は、同氏が今月7日の新型コロナウイルス対策タスクフォースのブリーフィングで、拠出金の保留を検討していると公に発言してから8日が経過したこの日に発せられた。当時トランプ大統領は「WHOが非常に中国寄りだ」と、WHOに対し圧力を掛けていた。

これについて、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務総長は翌日8日、「ウイルスを政治争点化するな」と反発し、両者は真っ向から衝突した。

トランプ大統領の今回の決定は、新型コロナウイルスのパンデミックの中、世界の保健問題を扱う国連傘下の国際機構に対し、全面対決を宣言したも同然とみられ、今後に与える影響が憂慮される。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »