IT業界の”AI連合”が加速…手を組むMSとAmazon サムスンもAIアライアンス拡大

IT業界の”AI連合”が加速…手を組むMSとAmazon  サムスンもAIアライアンス拡大

IT業界が人工知能(AI)のプラットフォーム統合や連携を通じて”AI連合”拡大に集中している。
業界によると、マイクロソフト(Microsoft)とアマゾン(Amazon)はAIプラットフォームを統合した。サムスン電子も11月を基点にAIの仮想秘書「ビックスビー(Bixby)」プラットフォームを拡大する予定だ。独自路線に固執しては勢力を広めるのは難しいというそれぞれの思惑が働いたようだ。

■サムスン電子、11月に「Bixbyアライアンス」を始動
サムスン電子は、今年11月に米・サンフランシスコで開催される「サムスン開発者フォーラム」(SDC)を通じて、他企業との連携を図る。同イベントの主人公は開発最終段階に突入した「NEW Bixby(ニュービックスビー)。NEW Bixbyは、ギャラクシーノート9に続いて、サムスン電子が年末にリリースするAIスピーカー「Galaxy Home(ギャラクシーホーム)」にも連動されるサムスン電子の主力サービスだ。

サムスン電子はイベント期間中にNEW Bixbyのソフトウェア開発ツール(SDK)を全面公開する。NEW Bixbyの強みは他社サービスと直接連動される機能で、音楽、コンテンツ、公演の予約などを音声だけで可能にさせるのが特徴。このためには少なくとも数十以上の外部の開発者とサービス連動を協議しなければならないだが、今回のイベントを通じてNEW Bixbyと連動できる開発ツールを公開し、NEW Bixbyへの参加を呼び掛ける計画だ。

サムスン電子無線事業部のコ・ドンジン社長は今月10日、米・ニューヨークで開いた記者懇談会で、「11月のSDCでBixbyのアプリケーション・プログラム・インターフェイス(API)と開発ツール(SDC)の両方を公開する予定で、現在ベータテストを推進中だ」とし「特にギャラクシーホームは、NEW Bixbyプラットフォームの長い旅を共にする重要なデバイスになる」と述べた。

■手を組んだMSとAmazon
IT業界では、MSとアマゾンがAIプラットフォームを統合することで、他の主要IT企業も連合戦線を構築すると見込んでいる。両社は今月15日、AI秘書の「Cortana」(MS)と「Alexa」(アマゾン)を統合すると発表した。MS人工知能の強みであるスケジュール管理機能とアマゾン人工知能の強みであるショッピング機能が統合した形で、シナジー効果が期待される。特にアマゾンのAlexaはアップルの「Siri」よりも一歩遅れて開発されたが、処理できるコマンドは最も多い。海外マスコミによると、Alexaは約4万5000のコマンドが処理できる。

一方で、AIプラットフォーム「ディープシンキュ」を保有中のLG電子は、グーグル、アマゾン、ネイバーなどと連携している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »