米NASDAQ史上最高値再び更新

−S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了
アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突破など好調の1週間

国ニューヨーク株式市場は投資家らの大型IT株や電子商取引関連株への買い注文から現地時間21日、再び上げ相場に戻った。NASDAQ複合指数も再び最高値を更新した。

ニューヨーク市場はこの日、米国の週間失業手当申請者が100万人を超えたにも関わらず、テスラ株2000ドル超えのニュースなどIT株に後押しされ上昇した。

NASDAQ複合指数は118.49ポイント(1.1%)高い、11264.95ポイントで取引を終え、今年になって35回目の最高値を記録した。

ダウ平均株価は46.85ポイント(0.2%)高い、27739.73ポイントで4日振りに反発。S&P50010.66ポイント(0.3%)上昇し、3385.51ポイントで取引を終えた。

この日、テスラの株価は6.6%の急騰となった。またカーシェア企業ウーバーやリフトの株価も、カリフォルニア州当局がドライバーを正規職員とする判決の発表を遅らせた事で、それぞれ6.8%、8.5%の上昇となった。

国の株式市場は今週、最高の1週間を過ごしたと言える。

この日、テスラの株価は2000ドルを超え、今年に入って370%の上昇となった。アップルは21日に米国上場企業としては初めて、時価総額が2兆ドル(約211兆円)を突破している。

今週に入ってアップルの株価は3%、グーグル親会社のアルファベットとアマゾンは共に4%上昇した。同期間ではマイクロソフトも2.7%上げるなど、大型IT株が上げ相場を主導している。

投資家らは、米国経済の回復が長引くかもしれないという兆候もあり、電子商取引を含む在宅関連銘柄とIT株に集中している。

この日、米国労働省が発表した週間失業手当申請者は再び100万人を超えた。

しかし累積申請者数は1548万人から14844000人に減少し、米国労働市場は再び回復する気配を見せている。

投資家らは22日に発表される米国の7月基準の住宅販売統計に注目している。6月に20.7増加した住宅販売は14.6%となり、増加傾向が続くとみられる。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »