米NASDAQ史上最高値再び更新

−S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了
アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突破など好調の1週間

国ニューヨーク株式市場は投資家らの大型IT株や電子商取引関連株への買い注文から現地時間21日、再び上げ相場に戻った。NASDAQ複合指数も再び最高値を更新した。

ニューヨーク市場はこの日、米国の週間失業手当申請者が100万人を超えたにも関わらず、テスラ株2000ドル超えのニュースなどIT株に後押しされ上昇した。

NASDAQ複合指数は118.49ポイント(1.1%)高い、11264.95ポイントで取引を終え、今年になって35回目の最高値を記録した。

ダウ平均株価は46.85ポイント(0.2%)高い、27739.73ポイントで4日振りに反発。S&P50010.66ポイント(0.3%)上昇し、3385.51ポイントで取引を終えた。

この日、テスラの株価は6.6%の急騰となった。またカーシェア企業ウーバーやリフトの株価も、カリフォルニア州当局がドライバーを正規職員とする判決の発表を遅らせた事で、それぞれ6.8%、8.5%の上昇となった。

国の株式市場は今週、最高の1週間を過ごしたと言える。

この日、テスラの株価は2000ドルを超え、今年に入って370%の上昇となった。アップルは21日に米国上場企業としては初めて、時価総額が2兆ドル(約211兆円)を突破している。

今週に入ってアップルの株価は3%、グーグル親会社のアルファベットとアマゾンは共に4%上昇した。同期間ではマイクロソフトも2.7%上げるなど、大型IT株が上げ相場を主導している。

投資家らは、米国経済の回復が長引くかもしれないという兆候もあり、電子商取引を含む在宅関連銘柄とIT株に集中している。

この日、米国労働省が発表した週間失業手当申請者は再び100万人を超えた。

しかし累積申請者数は1548万人から14844000人に減少し、米国労働市場は再び回復する気配を見せている。

投資家らは22日に発表される米国の7月基準の住宅販売統計に注目している。6月に20.7増加した住宅販売は14.6%となり、増加傾向が続くとみられる。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »