韓國免税店、売り上げ37%増加…「中国人転売屋のおかげ」

韓國免店、売り上げ37%加…「中転売屋のおかげ」

韓国内の免税店が‟中国人転売屋”の爆買いに支えられ、売上が上昇した。韓国は、米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD、サード)の韓国配備をめぐって、中国の経済的な報復措置がまだ完全に解除されていない状況。中国人転売屋が沈滞気味の韓国内需市場に‟オアシス”のような存在となっている。

24日韓国免税店協会によると、7月の韓国免税店の売上高は13億4000万ドルを記録した。これは前年同期(9億8300万ドル)に比べ36.7%増の数値だ。外国人による総売上は10億3000万ドルと集計された。1人当たり平均売上は694ドルで、韓国人(124ドル)の5.6倍に及ぶ。

サード配備をめぐる中国の経済報復措置の影響が残る中で、免税店の売上が好調を見せたのは「転売屋の爆買いのおかげだ」と業界は分析している。中国内では韓国商品への需要が高く、中国人の転売屋らは免税品を大量で買うため、免税店の売上を支える心強い援軍となっている。
免税店業界の関係者は「中国人の転売屋らが特に7月に大勢訪れたという統計は出ていないが、中国の経済報復にもかかわらず、着実に売り場に来場していたことが把握されている」と説明した。

去年に比べて成長の勢いは維持しているものの、今年の免税店の月次売上高推移は4ヶ月連続で減少している。今年3月に過去最高(15億6000万ドル)を記録した後は縮小する一方で、なかなか反発の兆しが見えていない。
ただし、免税店業界は大きく懸念する状況ではないという姿勢を示している。逆に売上で絶対的な割合を占めている中国人客の団体旅行の再開などによって売上にも前向きな影響を与えると予想した。

これに関して中国の観光業界によると、上海市は前日、管内の旅行会社3〜4カ社に今後、韓国団体旅行商品の取り扱いが可能になると通知した。上海市が韓国行き団体旅行商品の取り扱い再開に加えたことで、韓国への経済報復措置以降、韓国団体旅行が再開された地域は北京市、山東省、湖北省、重慶市など5カ所に増えた。

他の免税店業界の関係者は「中国・上海の団体旅行許容によって中国人の入国者数も増加している。サード配備に対する経済報復措置という長いトンネルから抜け出している状況」とし「中国人たちがたくさん韓国を訪れる9月の中秋節と10月の国慶節を控えていて、期待が大きい」と述べた。

韓国の免税店は中国人客の流入を見込み、中国観光客を攻略するための多様なマーケティングにも拍車をかける計画だ。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米ウォルト・ディズニー社が野心的にリリースした動画ストリーミングサービス「ディズニー・プラス」がサ…
  2. 韓国の先月の就業者数がサービス業を中心に40万人以上増加した。3ヶ月連続30万人台以上を記録し、雇用…
  3. 米連邦準備制度理事会(FRB)元議長のアラン・グリーンスパン氏が中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC…
  4. 北朝鮮か韓国の金剛山施設撤去を要求した背景には、施設の使用権を確保しようとする意図があるという意見が…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…

おすすめ記事

  1. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  2. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  3. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  4. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  5. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
ページ上部へ戻る