北朝鮮、市場活性化で年5600万ドル税金収入…住民は情報共有の場

【写真】平壌のある商店街の店舗。

北朝鮮、市場活性化で年5600万ドル税金収入…住民は情報共有の場

北朝鮮が、国の許可を得た「公式市場」の活性化を通じて年間5600万ドル以上の税金収入を確保しているという分析が出た。これは、韓国統一研究院が推算した6300万〜8000万ドルより少ない数値だ。

米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は29日、衛星写真や現地住民インタビュー、脱北者らの証言などをもとに、「北朝鮮政府が公式に承認した市場が全国で436ヵ所に達する」と報じた。記事によると、首都の平壌を含め、各道(日本の県)には平均48ヵ所の市場があるという。また、「北朝鮮政府は‟世界唯一の税金がない国”という宣伝とは異なり、公式市場で税金を徴収している。店舗の使用料などの税金で年間5680万ドルも収めている」と伝えた。

公式市場で一番規模が大きい清津市のスナム市場の場合、年間84万9000ドルの税金を収めていると推定される。実際に脱北者を支援する韓国のキリスト教団体「カレブ宣教会」が最近両江道・恵山市の市場を撮影した動画では、韓国の在来市場を連想させるほど様々な商品と食品が販売されていることが確認される。

ボイス・オブ・アメリカは北朝鮮で携帯電話や民間交通網が成長している点と住民が市場を介して情報などを共有している点に注目し、「潜在的に市民社会が市場を中心に登場できる証拠だ」と分析した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る