北朝鮮、市場活性化で年5600万ドル税金収入…住民は情報共有の場

【写真】平壌のある商店街の店舗。

北朝鮮、市場活性化で年5600万ドル税金収入…住民は情報共有の場

北朝鮮が、国の許可を得た「公式市場」の活性化を通じて年間5600万ドル以上の税金収入を確保しているという分析が出た。これは、韓国統一研究院が推算した6300万〜8000万ドルより少ない数値だ。

米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は29日、衛星写真や現地住民インタビュー、脱北者らの証言などをもとに、「北朝鮮政府が公式に承認した市場が全国で436ヵ所に達する」と報じた。記事によると、首都の平壌を含め、各道(日本の県)には平均48ヵ所の市場があるという。また、「北朝鮮政府は‟世界唯一の税金がない国”という宣伝とは異なり、公式市場で税金を徴収している。店舗の使用料などの税金で年間5680万ドルも収めている」と伝えた。

公式市場で一番規模が大きい清津市のスナム市場の場合、年間84万9000ドルの税金を収めていると推定される。実際に脱北者を支援する韓国のキリスト教団体「カレブ宣教会」が最近両江道・恵山市の市場を撮影した動画では、韓国の在来市場を連想させるほど様々な商品と食品が販売されていることが確認される。

ボイス・オブ・アメリカは北朝鮮で携帯電話や民間交通網が成長している点と住民が市場を介して情報などを共有している点に注目し、「潜在的に市民社会が市場を中心に登場できる証拠だ」と分析した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国裁判所は25日、元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らが申請した三菱重工業の韓国内資産の差し押さえ…
  2. 米国債3ヶ月物の利回りが、10年物の利回りを上回った。これは世界金融危機直前の2007年以降12年振…
  3. 韓国株式市場が25日、世界的な景気鈍化への懸念で大幅下落でスタートした。…
  4. 韓国男性全体のイメージダウンへと繋がってしまったクラブ・バーニングサン事件。イ・ムンド代表はマスコミ…
  5. 仮想通貨業界の代表的な楽観主義者であるビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏が肯定的な見通しを出し…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る