北朝鮮では年始の贈答品に「ヒロポン」

北朝鮮では年始の贈答品に「ヒロポン」

北朝鮮では年始の贈答品として、覚醒剤の一種「ヒロポン(メタンフェタミン)」が人気であると報道され注目を集めている。

米国の日刊紙ニューヨーク・タイムズは12日、香港発の記事で「北朝鮮当局が公式にヒロポン生産を否定しているため、米国の自由アジア放送(RFA)の報道を検証する事は難しい」としながらも、「しかし、専門家らの間では公然の秘密だ」と伝えた。

これに先立ち、米国の自由アジア放送は最近、北朝鮮内の消息筋の話として、「氷」と呼ばれるヒロポンが、年始の贈り物として人気になっていると報じている。

ニューヨーク・タイムズは、「ヒロポンは日韓併合時代の20世紀始めに朝鮮半島に持ち込まれた」と、「脱北者らによると、北朝鮮軍は第二次世界大戦以後の数年間、軍人らにヒロポンを提供し、1970年代には多数の北朝鮮外交官らが麻薬密輸の容疑で海外で逮捕されている」と伝えている。

また、ミズーリ大学のシーナ・グライテンス教授による2014年の研究を引用して、「北朝鮮当局は1990年代に外貨獲得目的の輸出品としてヒロポンの製造を開始し、北朝鮮産ヒロポンは日本の暴力団や中国マフィアの様な犯罪組織に流れ広がって行った」と伝えた。

北朝鮮当局が関与するヒロポン製造は2000年代中盤に減少したものの、製造技術を身に付けた労働者らが小規模でヒロポン製造を続け、地方の市場で販売を始めたという。

また、基本的な医療サービスや薬品が不足している状況下では、覚醒剤のヒロポンは代替薬物として使用される側面もあると、ニューヨーク・タイムズは付け加えている。

北朝鮮専門家のアンドレイ・ランコフ国民大学教授は、「最近までヒロポンは、北朝鮮内部でとても強力なエナジー薬品の一種として知られていた。まるでレッドブル(エナジードリンク)の様に」と指摘している。

翻訳:水野卓

【北朝鮮の状況】
北朝鮮、昨年対中国貿易赤字が過去最大に
北朝鮮が関与した詐欺コインは?…少なくとも2つ
仮想通貨ハッキング事故、殆どは北朝鮮の仕業?
文大統領を出迎える北朝鮮の子供たち、独特な挨拶の意味は?
北朝鮮、市場活性化で年5600万ドル税金収入…住民は情報共有の場

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性も男性同様に性的な夢を見る-50年前の調査時に比べ3倍以上増加 女性も男性と同じように性…
  2. 「学生らしさ」 vs 「人権の尊重」…中学校で生徒のスカート丈を計測? -「目のやり場に困る…
  3. ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』が大ヒットしアジア中を席巻すると、CNNはいち早く主演のコ…
  4. 韓国外交部は19日、「韓国が国際法に違反している」との内容の河野太郎外務相の談話について強く反論した…
  5. 韓国の日本旅行ボイコット運動が日本の「訪日外国人旅行者4000万人(来年)誘致」目標への不安材料とな…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る