トランプ氏、「金正恩氏との関係はとても良好」…中国には不満

トランプ氏、「金正恩氏との関係はとても良好」…中国には不満

ポンペオ米国務長官の4次訪朝を中止させたドナルド・トランプ大統領が、金正恩国務委員長との関係について「とても良好」と語った。しかし中国については「北朝鮮の非核化プロセスに協力していない」と不満を表わした。トランプ大統領の二重的な態度は、悪化した米朝関係の原因を中国に当てながら中・朝両国に警告を送る戦略だとみられる。

トランプ大統領は30日、記者会見で、米国と貿易問題で対立している中国について「北朝鮮に多大な影響力を行使している」と語りつつも、「私と金委員長の関係はとても良好だ」と発言した。トランプ大統領の同発言は、「シンガポールの米朝首脳会談で出てきた善意の措置として最大規模の軍事演習を中止する措置を取っていたが、現在のところさらなる中止計画はない」と語った前日のマティス国防長官の発言とは対照的だ。

しかし、トランプ大統領は「現時点で米韓合同軍事演習に巨額の資金を費やす理由はないが、決定さえすれば、韓国、日本と共に軍事演習をすぐに行うことができる。その場合、これまで以上の大きな規模になるだろう」と、非核化に微温的な態度を見せる北朝鮮への警告も忘れなかった。

中国については強硬な姿勢を見せた。トランプ大統領は「北朝鮮に行く商品と様々な製品の93%は、中国を介して流入されている」とし「米国は中国との問題解決過程でうまく対処しているが、中国は非常に苦しい時間を過ごしている」と述べた。

トランプ大統領が北朝鮮に矛盾しているような態度を取るのは一種の交渉戦略だと専門家らは分析した。米国がどんな結論を下すか全く知らないという不安感をあおり、北朝鮮の態度を変化させることが米国の狙いだという。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  2. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  3. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  4. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…
  5. 米銀大手JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨を発行する予定だと米放送局CNBCが14日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る