ポストコロナ時代を先導する「Newin Japan」、ハン・ギナム代表が考える人材育成とeラーニングは? 

(写真はNewin Japan」のハン・ギナム代表)

新型コロナウイルスの感染拡大でソーシャルディスタンスが当たり前の世の中になり、対面教育で発生する費用負担が重くなる中、社員研修にも非対面型が好まれつつある。eラーニング専門企業「()Newin」が2015年にスタートした「Touchclass(タッチクラス)」は管理者中心の一方的なeラーニング学習ではなく、企業内部の教育コンテンツや文化の創出を導くソリューションとして注目を浴びている。日本でTouchclassを使用するユーザー数もコロナ禍で急激に増加した。

Touchclassはオンライン教育ソリューションとしてモバイル環境に最適化されており、学習者は時間と場所を選ばず、自身のスマートフォンで、いつどこででも教育への参加が可能だという点が強みとして浮上している。

2020年に日本法人を設立し、世界市場進出を先導する社員研修専門企業「Newin Japan」のハン・ギナム代表に、今後更に活性化するであろう社員研修市場について聞いてみた。

問)Newinはどのような企業でしょうか?

Newinはコンテンツに関するソフトウェアを開発するソリューション企業です。既存のeラーニング、HRD教育市場を変えてみせるとの夢を抱いて事業をスタートさせ、社員研修分野では聞き慣れないSaaSSolution as a Service)を開発し、提供しています。その結果、サムソン生命、サムソン火災、イーマートなど様々な韓国の大企業のみならず、韓国トヨタなどの日系企業でも導入し利用される、人材育成のための教育ソリューションとして位置づけられています。

問)Newinという企業名にはどのような意味があるのでしょうか?

新しいという意味のニュー(NEW)と、人という意味の(韓国語)イン(IN)を組み合わせた言葉で、「常に新たに目覚める人になりたい」という意味です。一方で、ニュー(NEW)と、ウィン(WIN)を組み合わせれば、新たな勝利を意味することにもなり、eラーニング業界に新たな風を起こしたいとの願いも込められています。新たな勝利のために、新たな努力をする人たちの企業という意味だと言えるでしょう。

問)日本進出の契機は何だったのでしょうか?

海外サービスを計画し、米国、日本、フィリピン、インドネシアなど様々な地域でプロモーション・イベントを行いましたが、その中で日本の反応は最も熱いものでした。「テキスト基盤のコンテンツに関心が強い」、「マニュアルを重視する文化」などの日本文化の特性から、他の国より効果的な進出が可能だと判断し本格的な日本進出を準備しました。20209月に日本法人「Newin Japan」を設立し、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の地域を中心に現地商社と提携して一般企業、リクルーティング業界、学校など20カ所以上の顧客を確保しました。現在小学校の国語教科書をTouchclassのコンテンツとして製作し、授業の教材として活用していますが、学生や保護者、教師らに大変ご好評を頂いております。来年の正式事業に向けて現在、日本現地に合わせたフォント、絵文字、縦書きなど様々な機能を開発支援しています。この他にもTouchclassを利用した各地域での会員企業対象のセミナー開催を計画していますし、最近では大学病院でも教授自らが講義を撮影しアップロードしたり、手術現場をライブ放送するなど、様々な方法で活用されています。

問)Touchclass対する日本市場の反応は爆発的ですが、通常のソリューションに比べ、差別化された特徴は何でしょうか?

既存の社員研修市場がコンテンツに集中する中、Newinはソリューションに集中して来ました。数百、数千個に及ぶ千篇一律なコンテンツだけを提供し、職員らが受け身で宿題のように学習する企業教育文化を無くしたかったのです。企業自らが内部教育コンテンツを用意に作成し、職員らがそのコンテンツを楽しく学習し、担当者は改めて教育の成果を分析できるように提供できれば、それが最高の成果をもたらす企業教育ではないかと考えています。Touchclassはそのような目標を持って、ソリューションを企画開発するようになりました。Touchclassを利用する顧客企業担当者は誰でもコンテンツ・クリエイターとして、多様なコンテンツを自ら作成することが出来ます。また単純なコンテンツ学習だけでなく、そのコンテンツ内で職員らが進んで参加し、意見交換が出来るようにしていることも強みです。最も強力かつ効果的な職務教育は業務現場からもたらされると考えています。職員自らが自分たちの業務のノウハウを公開し、話し合えるようにするだけでも、大きな成果を収められるでしょう。

問)Touchclass独自の機能を教えて下さい

Touchclassにはゲーミフィケーション、ソーシャルラーニング、ライブ講義など様々な機能がありますが、その中でもソーシャルラーニング機能をご紹介したいと思います。Touchclassの企画開発時、一番最初に開発した機能でもありますが、満足度、活用度が最も高いです。Touchclassのコンテンツは、テキスト、イメージ、動画、オーディオ、クイズ、アンケートなど様々な要素を組み合わせて作成できるのですが、それぞれの要素別に学習者が質問をしたり、意見を残すことが出来るようになっています。技術的に飛び抜けた機能というよりも、eラーニングで誰も試みなかった新しいアイデアだという点で意味が大きいと言えるでしょう。学習者も最初は自身の意見を記すことに負担を感じますが、絵文字を活用して楽しく、またゲーミフィケーションによる督励を経て自然に参加するようになります。現場で活用していた本人だけの業務ノウハウ、自身の企業製品に対するアイデアなど職員らの様々な意見が集まり、新たな別のコンテンツになることもあります。

「Newin Japan」のハン・ギナム代表

問)Touchclassを活用し、業務効率と成果を高めた企業の事例はありますか?

最近、最も大きな成果を上げているのは保険会社です。特にコロナ禍で対面教育が難しくなったことにより、Touchclassのライブ講義機能を利用し、社内講義、イベントなどを行っています。ライブ講義の場合、平均同時視聴者数が5000人を超えるなど、大規模に利用されていますが、AWSを通じ安定したサービスが可能であり、活用度が非常に高くなっています。またそれだけではなく、教材製作をTouchclassでデジタル化し、大きな予算節減効果を得ている企業も多数あります。それ以外にも海外職員教育をTouchclassで行い、成果を上げている事例も増えています。Touchclassは現在、英語、日本語、インドネシア語、ベトナム語でもサービスを提供していますが、海外支社、海外店舗職員の教育をTouchclassで行いつつ、管理者モードでリアルタイムに教育結果の取りまとめが可能とあって、グローバル企業からの問い合わせも増えています。

問)どのように企業にTouchclass勧めたいですか?

Touchclassを使用する顧客企業の特性、使用する教育形態、方法は非常に多様なため、これと言うのは難しいです。しかし「既存の教育方法を変えたい」との意志がある企業であれば、Touchclassが答えだと思います。もちろん職員教育のために教育担当者の献身も必要となるでしょう。既存のeラーニングのやり方は決められた枠に合わせて進めれば良かったのですが、Touchclass担当者がこれまでにないやり方で教育を進めなければならないという点で、慣れない面倒な作業になるかもしれないからです。しかし断言しますが、成果は素晴らしいものになるでしょう。平均90%以上の学習率と1日に数百、数千件のコメントにより、教育のフィードバックが伝わるeラーニング教育はTouchclass以外に求めることは出来ません。特にデジタル機器の活用が生活の一部となっている今の若い世代の教育に悩んでいる企業であれば、Touchclassを利用し新しい進め方の教育を試されることを、ご提案差し上げたいです。

問)Newinの目標について、お話し下さい。

コロナ禍で対面教育が難しくなった多くの大企業にTouchclassの顧客企業になって頂き、顧客企業数もユーザー数も大きく増加しました。成長曲線を描いている時期ではありますが、私たちは何より安定したサービスが重要だと考え、ソリューションの安定化作業に集中投資しています。その結果、30万人以上のユーザーが円滑に利用できるソリューション、ライブ講義、1万人同時接続、1万件以上のコース運営が可能なソリューションとしての地位を築くことが出来ました。また情報セキュリティーに敏感な日本市場の特性を踏まえ、ISO27001証を獲得し、ISMS-P証を年末までに完了させるべく、より一層の努力を続けています。Touchclass既存の管理中心のコースウェア(LMS)から抜け出し、学習者中心のコースウェアとして、効率的効果を最大化する次世代のコースウェアとして、さらなる発展を遂げる所存です。学習者がソリューションを通じて情報を習得し、これを自身の業務に適用出来るよう手助けすることがeラーニング産業の究極の目標だと考え、より一層の努力を続けて行く計画です。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »