韓国IT大手カカオ、BCプラットフォーム「Klaytn」来月公開

【写真】カカオの子会社グラウンドXのハン・ジェソン社長がブロックチェーン・プラットフォーム「Klaytn」について説明している。

韓国IT大手カカオ、BCプラットフォーム「Klaytn」来月公開

韓国IT大手のカカオが準備しているブロックチェーン・プラットフォーム「Klaytn」がベールを脱いだ。カカオの説明によると、「Klaytn」は大規模なユーザーベースのサービスにブロックチェーンの技術を適用させたプラットフォーム。10月にテストネットが初めて公開され、メインネットの公開は来年初めに予定されている。

カカオの子会社グラウンドXのハン・ジェソン社長は4日、ソウルで開かれたカカオの開発者会議「イフ(if)」でKlaytnを初公開した。ハン社長は「Klaytnは企業のニーズを満足させる様々な機能を盛り込んでおり、利用者に優しいユーザーインターフェイス(UI)、ユーザーエクスペリエンス(UX)を提供するのが特徴だ」とし「来る10月中にテストネットを公開し、実際のサービスもスタートする計画だ」と伝えた。

Klaytnは、利用者が気楽にサービスを利用することができる点に焦点を合わせた。長くて複雑な暗号化キーをユーザーが書いて保管することなく、チャットアプリのカカオトークにログインするようにユーザ名とパスワードを入力するだけでブロックチェーンサービスを利用することができるのが特徴だ。

Klaytnの性能は、毎秒1500件の情報を処理することができるレベル。ブロックの作成は1秒で可能なレベルまで開発された。現在、カカオをはじめとする10社以上の外部事業者がKlaytnをテストしている。10月のテストネットが公開されると、外部からの審査を経て、ソースコードなどを提供する計画だ。

Klaytnのプラットフォームで基軸通貨として使用されるトークンは「クレイ(Klay)」という名前で決定した。

ハン社長は「ブロックチェーンは新しい種類のインターネットだ。これまでのインターネットは情報のみを伝送したが、ブロックチェーンは価値を載せて情報を転送することを可能になる」とし「価値を盛り込んで送信することで、どれだけ多く新しい経験の機会を与えられるのかKlaytnで確認することができる」と強調した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »