韓国IT大手カカオ、BCプラットフォーム「Klaytn」来月公開

【写真】カカオの子会社グラウンドXのハン・ジェソン社長がブロックチェーン・プラットフォーム「Klaytn」について説明している。

韓国IT大手カカオ、BCプラットフォーム「Klaytn」来月公開

韓国IT大手のカカオが準備しているブロックチェーン・プラットフォーム「Klaytn」がベールを脱いだ。カカオの説明によると、「Klaytn」は大規模なユーザーベースのサービスにブロックチェーンの技術を適用させたプラットフォーム。10月にテストネットが初めて公開され、メインネットの公開は来年初めに予定されている。

カカオの子会社グラウンドXのハン・ジェソン社長は4日、ソウルで開かれたカカオの開発者会議「イフ(if)」でKlaytnを初公開した。ハン社長は「Klaytnは企業のニーズを満足させる様々な機能を盛り込んでおり、利用者に優しいユーザーインターフェイス(UI)、ユーザーエクスペリエンス(UX)を提供するのが特徴だ」とし「来る10月中にテストネットを公開し、実際のサービスもスタートする計画だ」と伝えた。

Klaytnは、利用者が気楽にサービスを利用することができる点に焦点を合わせた。長くて複雑な暗号化キーをユーザーが書いて保管することなく、チャットアプリのカカオトークにログインするようにユーザ名とパスワードを入力するだけでブロックチェーンサービスを利用することができるのが特徴だ。

Klaytnの性能は、毎秒1500件の情報を処理することができるレベル。ブロックの作成は1秒で可能なレベルまで開発された。現在、カカオをはじめとする10社以上の外部事業者がKlaytnをテストしている。10月のテストネットが公開されると、外部からの審査を経て、ソースコードなどを提供する計画だ。

Klaytnのプラットフォームで基軸通貨として使用されるトークンは「クレイ(Klay)」という名前で決定した。

ハン社長は「ブロックチェーンは新しい種類のインターネットだ。これまでのインターネットは情報のみを伝送したが、ブロックチェーンは価値を載せて情報を転送することを可能になる」とし「価値を盛り込んで送信することで、どれだけ多く新しい経験の機会を与えられるのかKlaytnで確認することができる」と強調した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  2. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  3. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  4. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…
  5. 2017年に記録的なバブル崩壊を経験した仮想通貨ビットコイン(BTC)が現地時間16日、史上初めて…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »