韓国IT大手カカオ、BCプラットフォーム「Klaytn」来月公開

【写真】カカオの子会社グラウンドXのハン・ジェソン社長がブロックチェーン・プラットフォーム「Klaytn」について説明している。

韓国IT大手カカオ、BCプラットフォーム「Klaytn」来月公開

韓国IT大手のカカオが準備しているブロックチェーン・プラットフォーム「Klaytn」がベールを脱いだ。カカオの説明によると、「Klaytn」は大規模なユーザーベースのサービスにブロックチェーンの技術を適用させたプラットフォーム。10月にテストネットが初めて公開され、メインネットの公開は来年初めに予定されている。

カカオの子会社グラウンドXのハン・ジェソン社長は4日、ソウルで開かれたカカオの開発者会議「イフ(if)」でKlaytnを初公開した。ハン社長は「Klaytnは企業のニーズを満足させる様々な機能を盛り込んでおり、利用者に優しいユーザーインターフェイス(UI)、ユーザーエクスペリエンス(UX)を提供するのが特徴だ」とし「来る10月中にテストネットを公開し、実際のサービスもスタートする計画だ」と伝えた。

Klaytnは、利用者が気楽にサービスを利用することができる点に焦点を合わせた。長くて複雑な暗号化キーをユーザーが書いて保管することなく、チャットアプリのカカオトークにログインするようにユーザ名とパスワードを入力するだけでブロックチェーンサービスを利用することができるのが特徴だ。

Klaytnの性能は、毎秒1500件の情報を処理することができるレベル。ブロックの作成は1秒で可能なレベルまで開発された。現在、カカオをはじめとする10社以上の外部事業者がKlaytnをテストしている。10月のテストネットが公開されると、外部からの審査を経て、ソースコードなどを提供する計画だ。

Klaytnのプラットフォームで基軸通貨として使用されるトークンは「クレイ(Klay)」という名前で決定した。

ハン社長は「ブロックチェーンは新しい種類のインターネットだ。これまでのインターネットは情報のみを伝送したが、ブロックチェーンは価値を載せて情報を転送することを可能になる」とし「価値を盛り込んで送信することで、どれだけ多く新しい経験の機会を与えられるのかKlaytnで確認することができる」と強調した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »