韓国IT大手カカオ、BCプラットフォーム「Klaytn」来月公開

【写真】カカオの子会社グラウンドXのハン・ジェソン社長がブロックチェーン・プラットフォーム「Klaytn」について説明している。

韓国IT大手カカオ、BCプラットフォーム「Klaytn」来月公開

韓国IT大手のカカオが準備しているブロックチェーン・プラットフォーム「Klaytn」がベールを脱いだ。カカオの説明によると、「Klaytn」は大規模なユーザーベースのサービスにブロックチェーンの技術を適用させたプラットフォーム。10月にテストネットが初めて公開され、メインネットの公開は来年初めに予定されている。

カカオの子会社グラウンドXのハン・ジェソン社長は4日、ソウルで開かれたカカオの開発者会議「イフ(if)」でKlaytnを初公開した。ハン社長は「Klaytnは企業のニーズを満足させる様々な機能を盛り込んでおり、利用者に優しいユーザーインターフェイス(UI)、ユーザーエクスペリエンス(UX)を提供するのが特徴だ」とし「来る10月中にテストネットを公開し、実際のサービスもスタートする計画だ」と伝えた。

Klaytnは、利用者が気楽にサービスを利用することができる点に焦点を合わせた。長くて複雑な暗号化キーをユーザーが書いて保管することなく、チャットアプリのカカオトークにログインするようにユーザ名とパスワードを入力するだけでブロックチェーンサービスを利用することができるのが特徴だ。

Klaytnの性能は、毎秒1500件の情報を処理することができるレベル。ブロックの作成は1秒で可能なレベルまで開発された。現在、カカオをはじめとする10社以上の外部事業者がKlaytnをテストしている。10月のテストネットが公開されると、外部からの審査を経て、ソースコードなどを提供する計画だ。

Klaytnのプラットフォームで基軸通貨として使用されるトークンは「クレイ(Klay)」という名前で決定した。

ハン社長は「ブロックチェーンは新しい種類のインターネットだ。これまでのインターネットは情報のみを伝送したが、ブロックチェーンは価値を載せて情報を転送することを可能になる」とし「価値を盛り込んで送信することで、どれだけ多く新しい経験の機会を与えられるのかKlaytnで確認することができる」と強調した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »