日韓統合タクシー配車システムが間もなく登場… 「全国タクシー」と「カカオT」が業務提携へ

日韓統合タクシー配車システムが間もなく登場… 「全国タクシー」と「カカオT」が業務提携へ

日本と韓国のタクシー配車アプリが資本・業務連携を発表した。早ければ今年第4四半期からは両国の利用者は日韓統合タクシー配車サービスを利用することができると見られる。

韓国最大のタクシー配車アプリ「カカオT」を運営するカカオモビリティは6日、日本最大のタクシー配車アプリ「全国タクシー」の運営社JapanTaxiと資本・業務提携を締結したと発表した。両社は今年4四半期を目標に「カカオT」と「全国タクシー」を連動した「タクシー・ローミングサービス」をスタートする計画だ。

JapanTaxiが運営するアプリ「全国タクシー」は日本国内タクシーの約30%が登録している日本最大の配車アプリ。同アプリのダウンロード数は550万回を突破している。カカオモビリティはJapanTaxiの成長の可能性が非常に大きいと評価し、約15億円の資本を投資することを決定した。JapanTaxiはこれまでトヨタ、NTTドコモなどから100億円以上の投資を誘致したが、海外企業との資本提携はカカオモビリティが初めてだ。

両社は今回の提携を契機に、「カカオT」と「全国タクシー」を連動した「タクシーローミングサービス」を発売する予定。同サービスがスタートすると、日本を訪問した韓国人は「カカオT」で「全国タクシー」に登録したタクシーの配車サービスを利用でき、日本人は韓国で「全国タクシー」を通じて「カカオT」の配車サービスが利用できるようになる。

カカオモビリティのチョン・ジュファン社長は「日本のタクシー市場は年間1.6兆円規模で、世界最大の市場」とし「カカオモビリティの技術力とノウハウを最大限に融合し、日本でもタクシー配車の文化を変える革新を起こすことができるようJapanTaxiと積極的に協力していきたい」と述べた。

JapanTaxiの川鍋一朗社長は「カカオモビリティとの協力は、日本のタクシー呼び出しと配車サービスを先進化し、タクシー配車アプリ市場をさらに拡大できる機会」とし「2020年までにアプリのダウンロード1600万件、配車可能なタクシー台数を全国タクシーの約40%に拡大していく予定だ」と語った。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »