日韓統合タクシー配車システムが間もなく登場… 「全国タクシー」と「カカオT」が業務提携へ

日韓統合タクシー配車システムが間もなく登場… 「全国タクシー」と「カカオT」が業務提携へ

日本と韓国のタクシー配車アプリが資本・業務連携を発表した。早ければ今年第4四半期からは両国の利用者は日韓統合タクシー配車サービスを利用することができると見られる。

韓国最大のタクシー配車アプリ「カカオT」を運営するカカオモビリティは6日、日本最大のタクシー配車アプリ「全国タクシー」の運営社JapanTaxiと資本・業務提携を締結したと発表した。両社は今年4四半期を目標に「カカオT」と「全国タクシー」を連動した「タクシー・ローミングサービス」をスタートする計画だ。

JapanTaxiが運営するアプリ「全国タクシー」は日本国内タクシーの約30%が登録している日本最大の配車アプリ。同アプリのダウンロード数は550万回を突破している。カカオモビリティはJapanTaxiの成長の可能性が非常に大きいと評価し、約15億円の資本を投資することを決定した。JapanTaxiはこれまでトヨタ、NTTドコモなどから100億円以上の投資を誘致したが、海外企業との資本提携はカカオモビリティが初めてだ。

両社は今回の提携を契機に、「カカオT」と「全国タクシー」を連動した「タクシーローミングサービス」を発売する予定。同サービスがスタートすると、日本を訪問した韓国人は「カカオT」で「全国タクシー」に登録したタクシーの配車サービスを利用でき、日本人は韓国で「全国タクシー」を通じて「カカオT」の配車サービスが利用できるようになる。

カカオモビリティのチョン・ジュファン社長は「日本のタクシー市場は年間1.6兆円規模で、世界最大の市場」とし「カカオモビリティの技術力とノウハウを最大限に融合し、日本でもタクシー配車の文化を変える革新を起こすことができるようJapanTaxiと積極的に協力していきたい」と述べた。

JapanTaxiの川鍋一朗社長は「カカオモビリティとの協力は、日本のタクシー呼び出しと配車サービスを先進化し、タクシー配車アプリ市場をさらに拡大できる機会」とし「2020年までにアプリのダウンロード1600万件、配車可能なタクシー台数を全国タクシーの約40%に拡大していく予定だ」と語った。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »