炭水化物制限を長期間続けてみたら…死亡の危険性32%増加

炭水化物制限を長期間続けてみたら…死亡の危険性32%増加

ダイエットに効果的だとして低炭水化物のダイエット献立が流行っている。しかし短期的には体重減量効果があるものの、長期的には健康に悪影響を及ぼす可能性があることが判明し、注意が必要だ。

米週刊誌タイムは最近、ドイツ・ミュンヘンで開かれた「2018欧州心臓病学会」でポーランド・ウッチ医大が発表した、「低炭水化物の献立は長期的に安全ではない」という内容の研究結果を紹介した。

マチエイ・バナフ博士の研究チームは1999〜2010年の米国民健康栄養調査(NHANES)に参加した2万4825人を対象に炭水化物の摂取量と全ての原因による死亡率に関する連関性を調査した。

参加者の平均年齢は47.6歳で、研究チームは4つのグループに分けて参加者の炭水化物摂取量を分析した。

平均6.4年にわたって行われた研究の結果、炭水化物を最も少なく摂取した下位25%のグループは最も多く摂取したグループに比べ、今後6年で死亡する危険性が32%も高かった。特に心臓疾患、脳卒中で死亡する確率は約50%、がんによる死亡の危険性は35%も高いことが判明した。

更に研究チームが16年間、44万7000人を追跡調査した7件の論文を分析した結果でも、炭水化物を最も少なく摂取する人々が死亡する恐れは、最も多く摂取した人々より15%高かった。

正確な原因は明らかになっていないが、研究チームは「低炭水化物の食事が長期的に各種疾患による死亡の危険性を高める可能性がある」と説明した。

バナフ博士はタイムズ誌に「メッセージは明確だ」とし「炭水化物を極端に減らすことや極めて少なめに摂取することは必ず避けるべきだ」と伝えた。また「毎日摂取する全ての栄養素が大事」とし「栄養素の一つでも極度に制限すると、健康に害を及ぼす」と付け加えた。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  2. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…
  3. 米銀大手JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨を発行する予定だと米放送局CNBCが14日(現地時間)…
  4. 米EV車メーカー、テスラが対中国輸出を急いでいる様子だ。海外メディアによると、米中貿易交渉の決裂に備…
  5. エネルギーに対する経済依存脱却を推進して来たサウジアラビアが、これまで国内に限られていた石油・ガスの…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る