炭水化物制限を長期間続けてみたら…死亡の危険性32%増加

炭水化物制限を長期間続けてみたら…死亡の危険性32%増加

ダイエットに効果的だとして低炭水化物のダイエット献立が流行っている。しかし短期的には体重減量効果があるものの、長期的には健康に悪影響を及ぼす可能性があることが判明し、注意が必要だ。

米週刊誌タイムは最近、ドイツ・ミュンヘンで開かれた「2018欧州心臓病学会」でポーランド・ウッチ医大が発表した、「低炭水化物の献立は長期的に安全ではない」という内容の研究結果を紹介した。

マチエイ・バナフ博士の研究チームは1999〜2010年の米国民健康栄養調査(NHANES)に参加した2万4825人を対象に炭水化物の摂取量と全ての原因による死亡率に関する連関性を調査した。

参加者の平均年齢は47.6歳で、研究チームは4つのグループに分けて参加者の炭水化物摂取量を分析した。

平均6.4年にわたって行われた研究の結果、炭水化物を最も少なく摂取した下位25%のグループは最も多く摂取したグループに比べ、今後6年で死亡する危険性が32%も高かった。特に心臓疾患、脳卒中で死亡する確率は約50%、がんによる死亡の危険性は35%も高いことが判明した。

更に研究チームが16年間、44万7000人を追跡調査した7件の論文を分析した結果でも、炭水化物を最も少なく摂取する人々が死亡する恐れは、最も多く摂取した人々より15%高かった。

正確な原因は明らかになっていないが、研究チームは「低炭水化物の食事が長期的に各種疾患による死亡の危険性を高める可能性がある」と説明した。

バナフ博士はタイムズ誌に「メッセージは明確だ」とし「炭水化物を極端に減らすことや極めて少なめに摂取することは必ず避けるべきだ」と伝えた。また「毎日摂取する全ての栄養素が大事」とし「栄養素の一つでも極度に制限すると、健康に害を及ぼす」と付け加えた。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米FRBが、当分の間は金利を動かさないとの方針を再確認した。FRBは22日に公開した前回のFOMC議…
  2. 米国議会調査局は、韓国と米国が対北朝鮮政策と関連し大きい差を見せていると指摘した。…
  3. 米国の大手通信会社AT&Tが通信料金の支払いに仮想通貨の利用を支援する。AT&Tは23日(現地時間)…
  4. 米国が対北制裁に違反した北朝鮮の貨物船を差し押さえ、北朝鮮も返還を求め国連などの国際社会に対し外交戦…
  5. 徴用工判決および賠償問題と関連し韓国が財団設立を検討しているとの日本メディアの報道に対し、韓国政府が…

おすすめ記事

  1. 2019-5-22

    OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

    経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.6%から2.4%に0.2%ポイ…
  2. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  4. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  5. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…

アーカイブ

ページ上部へ戻る