朝食はダイエットの敵?!

朝食はダイエットの敵?!

朝食を摂らない方が代謝を促し、間食への欲求も遮断できるとの研究結果が出た。

オーストラリア・モナシュ大学(Monash University)研究チームは最近、イギリスを含めた高所得国での体重増加に対する朝食摂取の効果を調査した結果を発表した。

その結果、朝食を摂る人が朝食を抜く人より1日平均260カロリーを多く消費することが分かった。また、朝食を摂った人の方が間食を多く摂取する傾向があることも今回の調査でわかった。つまり、朝食がカロリー燃焼を効率的に増加させ代謝を促し、体重減量に役立つという従来の説を真逆の結果となる。

研究チームを率いたチクティニ教授は「今回の研究は朝食を摂ることがダイエットのいい戦略ではない可能性があることを示唆している」とし「むしろ逆の効果がある可能性があるため、ダイエットのために朝食を勧める際には注意が必要だ」と明らかにした。

今回の研究結果は、従来の「朝食は体にいい」という説を覆す。今までは、朝食が頭脳活動に必要なエネルギーを補給し、肥満・高血圧・糖尿病などの慢性疾患の予防に効果があるとの研究結果が多かった。

ただ、研究チームは「今回の調査は、参加者の調査期間が2週から16週までの短い期間だった。また調査グループ間のカロリー摂取量の差は小さく、更なる研究が必要だ」と付け加えた。

翻訳:尹怡景

【ダイエット関連ニュース】

ダイエット注射が韓国で話題…違法施術など乱用の問題も
炭水化物制限を長期間続けてみたら…死亡の危険性32%増加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  3. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  4. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…
  5. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…

おすすめ記事

  1. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  2. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  3. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  4. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  5. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
ページ上部へ戻る
Translate »