朝食はダイエットの敵?!

朝食はダイエットの敵?!

朝食を摂らない方が代謝を促し、間食への欲求も遮断できるとの研究結果が出た。

オーストラリア・モナシュ大学(Monash University)研究チームは最近、イギリスを含めた高所得国での体重増加に対する朝食摂取の効果を調査した結果を発表した。

その結果、朝食を摂る人が朝食を抜く人より1日平均260カロリーを多く消費することが分かった。また、朝食を摂った人の方が間食を多く摂取する傾向があることも今回の調査でわかった。つまり、朝食がカロリー燃焼を効率的に増加させ代謝を促し、体重減量に役立つという従来の説を真逆の結果となる。

研究チームを率いたチクティニ教授は「今回の研究は朝食を摂ることがダイエットのいい戦略ではない可能性があることを示唆している」とし「むしろ逆の効果がある可能性があるため、ダイエットのために朝食を勧める際には注意が必要だ」と明らかにした。

今回の研究結果は、従来の「朝食は体にいい」という説を覆す。今までは、朝食が頭脳活動に必要なエネルギーを補給し、肥満・高血圧・糖尿病などの慢性疾患の予防に効果があるとの研究結果が多かった。

ただ、研究チームは「今回の調査は、参加者の調査期間が2週から16週までの短い期間だった。また調査グループ間のカロリー摂取量の差は小さく、更なる研究が必要だ」と付け加えた。

翻訳:尹怡景

【ダイエット関連ニュース】

ダイエット注射が韓国で話題…違法施術など乱用の問題も
炭水化物制限を長期間続けてみたら…死亡の危険性32%増加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「国際原油価格は最高で150ドルまで上昇し、世界経済は米国を含め沈滞に陥り、世界経済の脱石油化が加速…
  2. 動画ストリーミング企業・ネットフリックス(Netflix)の有料視聴者数が米国で8年ぶりに減少し、競…
  3. 22日午前4時25分頃、シンガポール海峡近くで韓国籍の貨物船シケイブルーベル(4万4132t)が海賊…
  4. 女性も男性同様に性的な夢を見る-50年前の調査時に比べ3倍以上増加 女性も男性と同じように性…
  5. 「学生らしさ」 vs 「人権の尊重」…中学校で生徒のスカート丈を計測? -「目のやり場に困る…

おすすめ記事

  1. ムニューシン米財務長官が仮想通貨への強力な規制の意志を示した。ムニューシン長官は18日(現地時間)、…
  2. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  3. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  4. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  5. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
ページ上部へ戻る