好調な米経済、大型トラック注文は急増…失業保険申請は急減

好調な米経済、大型トラック注文は急増…失業保険申請は急減

米運送会社による貨物車の購入が増えている。また、失業保険申請件数が50年ぶりの低水準に落ち、雇用市場の堅調さがより鮮明になった。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が6日、報じた。

記事によると、先月、長距離運送用大型トラック「クラス8」の注文が前年同期比150%増加し、7月の52万4000台を大きく上回ることが分かった。産業と流通業界の貨物量の増加で米運送会社が大型貨物車を追加購入しているためだ。また7月の場合、貨物車や鉄道を利用した米国の貨物輸送量が前年同期に比べて10.6%、輸送費のコストも17.9%増えた。

しかし、慎重な対応を促す声もある。貨物機器調査会社FTRのドン・エイク副社長は「今後12ヶ月の後にも景気がいいと思うことを警戒しなければならない」と指摘した。また「過去のサイクルを見ると、1年後には現在より良くない可能性がある」と伝えた。

■失業保険申請件数、1969年以来の低水準
米労働省は6日、8月の失業保険申請件数が20万3000件だと発表した。ウォールストリート・ジャーナルは「仕事が多いため、熟練労働者の確保競争が激しい。同時に雇用主は従業員を奪われないことに集中している」と伝えた。

記事などによると、7月に米国の失業率は3.9%で、2000年4月以来の低水準。また求人規模は、2000年以来初めて失業者よりも多くなったことが分かった。

こういう経済の好調ぶりから資産運用会社プランテ・モラン・フィナンシャル・アドバイザーズの最高投資責任者(CIO)ジム・ベアード氏は「物価が期待値を上回るほど急激に上がらない限り、今年二回追加利上げを予定している米連邦準備理事会の金融政策には変わりがないだろう」と予想した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…
  2. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  3. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  4. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  5. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »