米スターバックス、エスプレッソの本場イタリアに高級店舗を開店

【写真=スターバックス】

米スターバックス、エスプレッソの本場イタリアに高級店舗を開店

全世界で25000店舗を運営しているコーヒーチェーン世界最大手のスターバックスがイタリア・ミラノに同国1号店をオープンする予定だ。米テレビ局CNBCなど海外メディアが6日報じた。

エスプレッソの本場であるイタリアはコーヒーについてのプライドが高い国。そのため、報道によると、スターバックス・ミラノ店ではコーヒーにこだわりが強いイタリア人を魅了するための工夫があちこちに見られるという。

まず店舗のインテリアが他店と違う。スターバックスのハワード・シュルツ会長によると、ミラノ店はイタリア人や彼らのコーヒー文化に対する理解と尊敬心を店舗のデザインに込めている。

ミラノ店は、古典的なイタリア式の建物に華やかなインテリアや施設を取り入れた高級路線の店舗「リザーブ・ロースタリー」。リザーブ・ロースタリーは今までスターバックス発祥の地である米国・シアトルと去年9月にオープンした上海店の2カ所のみだった。

インテリアだけではなく、コーヒも特別だ。店内に大型コーヒー豆焙煎機を設置し、イタリア人の専門バリスタが最上のコーヒーを作り出す計画。スターバックスの定番「フラペチーノ」などのブレンデッド類は販売しない方針だ。

その代わりに軽やかなイタリアの伝統食前酒やジェラート、イタリアの有名ベーカリー「プリンチ(Princi)」が窯で焼いたピザやペイストリーを販売する。

イタリア・エスプレッソ協会(INEI)の社長パオロ・ナダレッド氏は「スターバックスのような巨大企業がイタリアに進出することを歓迎する」とし「スターバックスコーヒーは正統イタリア式エスプレッソとは異なるが、それでも美味しいコーヒーであり、イタリア人はそれを楽しむ自由がある」と述べた。

スターバックス・ミラノ店は9月7日にオープンした。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »