米スターバックス、エスプレッソの本場イタリアに高級店舗を開店

【写真=スターバックス】

米スターバックス、エスプレッソの本場イタリアに高級店舗を開店

全世界で25000店舗を運営しているコーヒーチェーン世界最大手のスターバックスがイタリア・ミラノに同国1号店をオープンする予定だ。米テレビ局CNBCなど海外メディアが6日報じた。

エスプレッソの本場であるイタリアはコーヒーについてのプライドが高い国。そのため、報道によると、スターバックス・ミラノ店ではコーヒーにこだわりが強いイタリア人を魅了するための工夫があちこちに見られるという。

まず店舗のインテリアが他店と違う。スターバックスのハワード・シュルツ会長によると、ミラノ店はイタリア人や彼らのコーヒー文化に対する理解と尊敬心を店舗のデザインに込めている。

ミラノ店は、古典的なイタリア式の建物に華やかなインテリアや施設を取り入れた高級路線の店舗「リザーブ・ロースタリー」。リザーブ・ロースタリーは今までスターバックス発祥の地である米国・シアトルと去年9月にオープンした上海店の2カ所のみだった。

インテリアだけではなく、コーヒも特別だ。店内に大型コーヒー豆焙煎機を設置し、イタリア人の専門バリスタが最上のコーヒーを作り出す計画。スターバックスの定番「フラペチーノ」などのブレンデッド類は販売しない方針だ。

その代わりに軽やかなイタリアの伝統食前酒やジェラート、イタリアの有名ベーカリー「プリンチ(Princi)」が窯で焼いたピザやペイストリーを販売する。

イタリア・エスプレッソ協会(INEI)の社長パオロ・ナダレッド氏は「スターバックスのような巨大企業がイタリアに進出することを歓迎する」とし「スターバックスコーヒーは正統イタリア式エスプレッソとは異なるが、それでも美味しいコーヒーであり、イタリア人はそれを楽しむ自由がある」と述べた。

スターバックス・ミラノ店は9月7日にオープンした。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. 米財務省、50年債の発行検討 米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及…
  4. 中国、米国産大豆と豚肉を大量購入へ 米中貿易紛争の実務交渉が開かれる予定の中で、中国の米国産…
  5. トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思 米国のドナルド・ト…

おすすめ記事

  1. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  2. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  3. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
  5. 北朝鮮メディアは最近、新型ミサイル発射実験を視察する金正恩国務委員長の姿を公開し注目を集めた。特に金…
ページ上部へ戻る