ICBMも演説もなかった…”トランプ刺激”を避ける金正恩

ICBMも演説もなかった…”トランプ刺激”を避ける金正恩

北朝鮮が9日に平壌・金日成広場で行われた建国70周年記念式の軍事パレードに大陸間弾道ミサイル(ICBM)や中距離弾道ミサイル(IRBM)などを登場させなかった。また、金正恩朝鮮労働党委員長は同日の行事を参観したものの、演説はしなかった。韓国メディアは、「朝鮮半島の情勢をめぐる対話局面で米国などを必要以上に刺激しないような姿勢が読み取れる」と分析した。

韓国政府の関係者はこの日、「北朝鮮の軍事パレードはICBMなどを登場させず、ロケット砲、長射程砲など通常兵器を中心に軍事パレードを行った」とし「米国に送るメッセージで、米国と戦う意思がないことを示しているようだ」と述べた。

海外メディアもICBMが登場していないことに注目し、「以前より節制した水準だった」と報じた。CNNは、「軍事パレードの武器は、過去よりもかなり縮小された」とし「専門家らは、米国の反発を避けるために問題視される武器は公開しないだろうと予想していた」と述べた。

これと関連し、世宗研究所研究企画本部長チョン・ソンジャン氏は、「北朝鮮が再びICBMを登場させたら、金委員長の非核化交渉の意志に疑問が提起されたはず」とし「平壌で開催される南北首脳会談と今後米朝高官級会談で、核とミサイル交渉を念頭に置いて、北朝鮮の意志をはっきり見せるため」と分析した。

北朝鮮メディアも同日の軍事パレードを生中継しないなど国際社会を刺激しない様子だった。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  2. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  3. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  4. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…
  5. 非核化に関する北朝鮮の新たな動きや姿勢の変化が無ければ、現在の米朝関係の冷え込みは暫くの間、続くとみ…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »