仮想通貨取引所の収益を利用者に…ABCCが韓国攻略乗り出す

【写真】ABCCは11日、ソウルで記者懇談会を開き、今月中にモバイル・アプリケーション(アプリ)の韓国語バージョンをリリースする予定だと発表した。写真は同社の創業者カルビン・チェン社長。

仮想通貨取引所の収益を利用者に…ABCCが韓国攻略乗り出す

コイン取引の手数料収入の80%を利用者に配当する仮想通貨取引所「ABCC」が韓国進出に乗り出した。

ABCCは11日、ソウルで記者懇談会を開き、今月中にモバイル・アプリケーション(アプリ)の韓国語バージョンをリリースする予定だと発表した。
ABCCの創業者カルビン・チェン社長は「韓国は最大の仮想通貨マーケットであり、ABCCを最も多く利用するトップ5の国の一つ」とし「現在は有力コインだけが取引されているが、今後上場審査などを経て、可能性のある新規仮想通貨も取引されるようにする方針だ」と強調した。

ABCCは今年4月にオープンした取引所。ABCCの最大の特徴は利用者の取引手数料に合わせて、独自の仮想通貨「$AT」を配当として配る点だ。利用者は受け取った$ATで、他の仮想通貨に投資することができる。また$ATを7日以上保有すれば、取引所の手数料収入の80%が$AT保有量に応じて配分される。
7日以上保持するようにしたのは、利用者が長期間$ATを保持するように誘導するため。ABCC は「$ATを受け取ってすぐに別の仮想通貨に交換すると、価格の高騰や急落が起こりうる。配当という利点を提供して$ATの価格を安定させていく」と説明した。

チェン社長は「ブロックチェーンが技術革新であれば、仮想通貨は金融革新だ。仮想通貨を通じて証券のトークン化が実現すれば、新たな金融市場が開かれる。仮想通貨取引所はその新金融市場の初期段階」とし「手数料収入を目的に取引所をスタートしたわけではない。長期的な観点から、投資家に安全な仮想通貨取引サービスを提供する」と強調した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »