仮想通貨取引所の収益を利用者に…ABCCが韓国攻略乗り出す

【写真】ABCCは11日、ソウルで記者懇談会を開き、今月中にモバイル・アプリケーション(アプリ)の韓国語バージョンをリリースする予定だと発表した。写真は同社の創業者カルビン・チェン社長。

仮想通貨取引所の収益を利用者に…ABCCが韓国攻略乗り出す

コイン取引の手数料収入の80%を利用者に配当する仮想通貨取引所「ABCC」が韓国進出に乗り出した。

ABCCは11日、ソウルで記者懇談会を開き、今月中にモバイル・アプリケーション(アプリ)の韓国語バージョンをリリースする予定だと発表した。
ABCCの創業者カルビン・チェン社長は「韓国は最大の仮想通貨マーケットであり、ABCCを最も多く利用するトップ5の国の一つ」とし「現在は有力コインだけが取引されているが、今後上場審査などを経て、可能性のある新規仮想通貨も取引されるようにする方針だ」と強調した。

ABCCは今年4月にオープンした取引所。ABCCの最大の特徴は利用者の取引手数料に合わせて、独自の仮想通貨「$AT」を配当として配る点だ。利用者は受け取った$ATで、他の仮想通貨に投資することができる。また$ATを7日以上保有すれば、取引所の手数料収入の80%が$AT保有量に応じて配分される。
7日以上保持するようにしたのは、利用者が長期間$ATを保持するように誘導するため。ABCC は「$ATを受け取ってすぐに別の仮想通貨に交換すると、価格の高騰や急落が起こりうる。配当という利点を提供して$ATの価格を安定させていく」と説明した。

チェン社長は「ブロックチェーンが技術革新であれば、仮想通貨は金融革新だ。仮想通貨を通じて証券のトークン化が実現すれば、新たな金融市場が開かれる。仮想通貨取引所はその新金融市場の初期段階」とし「手数料収入を目的に取引所をスタートしたわけではない。長期的な観点から、投資家に安全な仮想通貨取引サービスを提供する」と強調した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  2. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…
  3. 韓国銀行は28日、金融通貨委員会で政策金利を引き下げた。これは韓国経済の成長鈍化に対する憂慮が高まっ…
  4. 10億ドル以上の仮想通貨を保有する、「クジラ」と呼ばれる大口投資家らが最近、ビットコインを買い集めて…
  5. 3月23日にトレーダー2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、立会場を全面閉鎖したニューヨーク証券…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »