下落相場でも上昇するコイン…共通点は「コンテンツ」

下落相場でも上昇するコイン…共通点は「コンテンツ」

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、仮想通貨の下落傾向が続いている。今年5月に100万円を超えていたビットコインは9月まで継続して下落し、70万円台にまで下がった。イーサリアムも同様で、同期間に7~8万円で取引されていたものが、2万円台にまで急落した。他の仮想通貨も大半が下落傾向にある。

しかしこの様な下落相場の中でも頭角を現す仮想通貨がある。共通点は「コンテンツ」分野での活用が予想される仮想通貨だという点だ。

■リンクのお陰で「ビットボックス」の順位も急上昇
LINEの仮想通貨「Link(リンク)」も業界の関心を集めている。NAVER(ネイバー)の日本子会社LINEはリンクチェーンというブロックチェーン・プラットフォームを開発中で、このプラットフォーム上で稼働するサービスを利用する際に、報酬として受け取る「Link(リンク)」を発行した。

「リンク」はLINEの仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」で受け取る事になる。「ビットボックス」はリンクのお陰で、100位圏外だった全世界取引所順位が5位まで急上昇した。今後LINEが多様なサービスを打ち出せば、リンクの価値もより高まる事が予想される。

■下落相場の中でも上昇傾向続く「コスモコイン」
11日、韓国の仮想通貨取引所CPDAXによると、8月末に30ウォン(約3円)台で取引されていた「Cosmo Coin(コスモコイン/COSM)」は、現在50ウォン(約5円)台で取引されている。大半の仮想通貨が下落した9月初めにもコスモコインの上昇傾向が続いた点が目を引く。

コスモコインは「Cosmochain(コスモチェーン)」が発行する仮想通貨。先月から試験サービスを始めているビューティー・アプリケーション「COSMEE(コスミ)」でコンテンツの投稿、コメントやいいねなどの活動に対する報酬(リワード)として受け取る事が出来る。実際のサービスに活用される仮想通貨だという点が、投資家らに良い評価を受けている模様。

特にコスモチェーンは韓国国内の主要インターネット企業「kakao(カカオ)」が投資した会社として知られている。実際にはカカオの投資系列会社「kakao investments(カカオ・インベストメンツ)」が投資。またカカオ以外にも、「#HASHED(ハッシュド)」や「NEOPLY(ネオプライ)」など、ブロックチェーン業界の有力投資会社もコスモチェーンに投資し、有力プロジェクトとして業界の注目を集めている。

■ゲームXコインのICOプレセールは僅か1時間で完売
ゲーム分野にブロックチェーン技術を導入しようというビジョンを提示した「blockchain ventures(ブロックチェーン・ベンチャース)」の「Game X Coin(ゲームXコイン/GXC)」も、下落相場の中で頭角を現している。10日に新規仮想通貨公開(ICO)のプレセールを行ったところ、僅か1時間で一次公開分を完売した。

ブロックチェーン・ベンチャース側は、下落相場の中でゲームXコインの完売が可能であった理由として、△開発歴20年以上の代表、ソウル大ブロックチェーン学科「Decipher(ディーサイファー)」所属の開発者など、優れたマンパワーを誇るチームである事 、△「BATTLEGROUNDS(バトルグラウンド)」で有名な「Bluehole(ブルーホール)」の共同創業者キム・カンソク氏、前韓国ゲーム産業協会会長のチェ・クァンホ氏、ブロックチェーンの大物投資家ウィル・オブライエン氏などがアドバイザーとして参加している点、 △「Neowiz Bless Studio(ネオウィズ・ブレス・スタジオ)」や「XLGames(XLゲームズ)」といった10を越すゲームパートナー企業など、優れた技術力と事業性を同時に兼ね備えた点、などのお陰だと話している。またブロックチェーン・ベンチャースは、実際にブロックチェーン基盤のゲーム3種を試験レベルで発表している。

業界のある関係者は「下落相場でも利用者らに注目されている仮想通貨の共通点は、コンテンツ分野で実際に活用されるという可能性を見せてくれたという点だ」とし、「投資家らも、実際に活用される可能性が高い仮想通貨の潜在力に注目している様だ」と語った。

翻訳:水野卓
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  2. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  3. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  4. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…
  5. 米銀大手JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨を発行する予定だと米放送局CNBCが14日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る