トルコが政策金利年24%に…専門家らは歓迎「大胆な決定」

トルコが政策金利年24%に…専門家らは歓迎「大胆な決定」

トルコの中央銀行が市場予想より強力な金融政策を断行した。

中銀は政策金利を6.25%ポイント引き上げ、24.0%にすることを発表した。英紙フィナンシャルタイムズによると、トルコの中銀は13日に金融政策委員会を開き、政策金利を17.75%から24%に引き上げすることを決定した。専門家が予測した2.0〜2.5%ポイントよりもはるかに大きい上げ幅だ。

専門家らは、「急落するリラの防御と物価管理のために5%ポイント以上の利上げが必要だ」としつつも、「引き上げ幅がこれに至らないだろう」と予測した。トルコのエルドアン大統領が利上げに否定的な立場を示してきたからだ。しかし、トルコの中銀は強力な通貨緊縮措置を出した。

中銀は「インフレと関する最近の状況が物価安定に重大なリスクとなっている」とし「物価安定の目標を追求するために、可能なすべての手段を引き続き使用する」と明らかにした。また、「インフレが‟大幅に改善”を示すまで強硬な基調を維持していく」と付け加えた。

専門家らはこのような決定を肯定的に評価している。アバディーン・スタンダード・インベストメンツの新興市場国債責任者のブレット・ディメント氏は、「トルコが金利引き上げで、金融政策の信頼性を回復する道に入ることになった。これは非常に重要だ」と強調。また「もし利上げが行われなかった場合、リラの急激な売りが再現され、トルコは急速に支払い問題と銀行危機に向かっただろう」と付け加えた。

スペインのビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行のトルコ担当シニアエコノミスト、アバカ氏は利上げ決定について「非常に歓迎」とし「中銀はまた大胆な行動をとり、独立性への疑問を吹き飛ばした」と高く評価した。

同日、利上げ発表直後からリラの価値は上昇し、一時5%以上あがった。
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  2. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  3. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  4. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  2. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  3. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  4. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  5. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
ページ上部へ戻る
Translate »