「ビートル」が来年生産終了する理由は?

「ビートル」が来年生産終了する理由は?

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の象徴的モデルだった人気車「ビートル」が歴史の中に消える。

フォルクスワーゲンは13日、声明を発表し、来年からビートルの生産を終了することを伝えた。フォルクスワーゲンは、「来年7月、メキシコのプエブラ工場で生産されるモデルが最後ビートルになる」と説明した。

フォルクスワーゲンの代表車種であるビートルは約80年間世界から愛されてきたが、排気ガス問題などが足を引っ張る模様だ。特に最近はフォルクスワーゲンによる不正事件、いわゆる「ディーゼルゲート」が浮上。大きな問題となった。海外メディアなどは今回の生産終了について、「電気自動車の大量生産体制に移行するためのステップの一つ」と分析している。

ビートルは1930年代、ナチスの指導者アドルフ・ヒトラーの支援で創立されたフォルクスワーゲンの代表作。世界から愛され、戦後のドイツの経済復興の牽引車の役割を果たしたが、欧州では1978年にビートル生産が終了。1997年からはメキシコ工場で生産されてきた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る