「ビートル」が来年生産終了する理由は?

「ビートル」が来年生産終了する理由は?

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の象徴的モデルだった人気車「ビートル」が歴史の中に消える。

フォルクスワーゲンは13日、声明を発表し、来年からビートルの生産を終了することを伝えた。フォルクスワーゲンは、「来年7月、メキシコのプエブラ工場で生産されるモデルが最後ビートルになる」と説明した。

フォルクスワーゲンの代表車種であるビートルは約80年間世界から愛されてきたが、排気ガス問題などが足を引っ張る模様だ。特に最近はフォルクスワーゲンによる不正事件、いわゆる「ディーゼルゲート」が浮上。大きな問題となった。海外メディアなどは今回の生産終了について、「電気自動車の大量生産体制に移行するためのステップの一つ」と分析している。

ビートルは1930年代、ナチスの指導者アドルフ・ヒトラーの支援で創立されたフォルクスワーゲンの代表作。世界から愛され、戦後のドイツの経済復興の牽引車の役割を果たしたが、欧州では1978年にビートル生産が終了。1997年からはメキシコ工場で生産されてきた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国と中国が、10月初めに予定されている高官級貿易交渉を準備するための実務交渉を19日(現地時間)か…
  2. 国際原油価格が、14日に発生したサウジアラビア石油施設攻撃の余波により、湾岸戦争以来約30年振りの暴…
  3. 致死率100%に達する「アフリカ豚コレラ」(ASF)が韓国で発生した。韓国政府の発表によると、17日…
  4. 北朝鮮、「サイバー攻撃で資金調達」国連報告書を否定 北朝鮮は最近、米国など敵対勢力がサイバー…
  5. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  2. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  3. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  4. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
ページ上部へ戻る