米朝、首脳会談の早期開催に合意… 米中間選挙以前の可能性

米朝、首脳会談の早期開催に合意… 米中間選挙以前の可能性

米朝が 2回目の首脳会談を早期に開催することに合意した。早ければ米国の中間選挙が行われる来月6日前にトランプ米大統領と金正恩北朝鮮国務委員長間の会談が可能となる見通しだ。

ポンペオ米国務長官は7日、平壌で金委員長と会談した後、その日に韓国大統領府を訪問。文在寅(ムン・ジェイン)大統領に、「第2次米朝首脳会談をなるべく早期に開催することに金委員長と合意した」と明らかにした。また、大統領府によると、「首脳会談の具体的な時期と場所を決定するため、両国が協議を続けていくことにした」と伝えた。

ポンペオ長官の4次訪朝結果を聴取した文大統領は、「2次米朝首脳会談が開かれ、大きな成功を収めることを望む。その過程で、韓国もすべての努力を尽くす」と述べた。

韓国メディアは今後観戦ポイントとして「速度」をあげた。韓国紙ファイナンシャルニュースは「米朝が2次の首脳会談の開催問題をめぐり速度を出すことに合意しただけに、会談日程と場所、終戦宣言、寧辺(ヨンビョン)の核廃棄などの非核化のロードマップの推進に弾みがつくと予想される」と伝えつつ、「首脳会談の開催に合意したということは、北朝鮮の非核化措置と米国のそれに対する相応措置について、両国が深く意見交換し、相当部分で合意したことを意味する」と強調した。

【注目の記事】

「海上自衛隊の観艦式参加中止理由は独島艦」=韓国メディア
仮想空間の不動産も売買する時代…ブロックチェーンとVR技術を活用
M&A資金がインドに移動…中国を乗り越えるか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る