米朝、首脳会談の早期開催に合意… 米中間選挙以前の可能性

米朝、首脳会談の早期開催に合意… 米中間選挙以前の可能性

米朝が 2回目の首脳会談を早期に開催することに合意した。早ければ米国の中間選挙が行われる来月6日前にトランプ米大統領と金正恩北朝鮮国務委員長間の会談が可能となる見通しだ。

ポンペオ米国務長官は7日、平壌で金委員長と会談した後、その日に韓国大統領府を訪問。文在寅(ムン・ジェイン)大統領に、「第2次米朝首脳会談をなるべく早期に開催することに金委員長と合意した」と明らかにした。また、大統領府によると、「首脳会談の具体的な時期と場所を決定するため、両国が協議を続けていくことにした」と伝えた。

ポンペオ長官の4次訪朝結果を聴取した文大統領は、「2次米朝首脳会談が開かれ、大きな成功を収めることを望む。その過程で、韓国もすべての努力を尽くす」と述べた。

韓国メディアは今後観戦ポイントとして「速度」をあげた。韓国紙ファイナンシャルニュースは「米朝が2次の首脳会談の開催問題をめぐり速度を出すことに合意しただけに、会談日程と場所、終戦宣言、寧辺(ヨンビョン)の核廃棄などの非核化のロードマップの推進に弾みがつくと予想される」と伝えつつ、「首脳会談の開催に合意したということは、北朝鮮の非核化措置と米国のそれに対する相応措置について、両国が深く意見交換し、相当部分で合意したことを意味する」と強調した。

【注目の記事】

「海上自衛隊の観艦式参加中止理由は独島艦」=韓国メディア
仮想空間の不動産も売買する時代…ブロックチェーンとVR技術を活用
M&A資金がインドに移動…中国を乗り越えるか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…
  2. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  3. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  4. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  5. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »