米朝、首脳会談の早期開催に合意… 米中間選挙以前の可能性

米朝、首脳会談の早期開催に合意… 米中間選挙以前の可能性

米朝が 2回目の首脳会談を早期に開催することに合意した。早ければ米国の中間選挙が行われる来月6日前にトランプ米大統領と金正恩北朝鮮国務委員長間の会談が可能となる見通しだ。

ポンペオ米国務長官は7日、平壌で金委員長と会談した後、その日に韓国大統領府を訪問。文在寅(ムン・ジェイン)大統領に、「第2次米朝首脳会談をなるべく早期に開催することに金委員長と合意した」と明らかにした。また、大統領府によると、「首脳会談の具体的な時期と場所を決定するため、両国が協議を続けていくことにした」と伝えた。

ポンペオ長官の4次訪朝結果を聴取した文大統領は、「2次米朝首脳会談が開かれ、大きな成功を収めることを望む。その過程で、韓国もすべての努力を尽くす」と述べた。

韓国メディアは今後観戦ポイントとして「速度」をあげた。韓国紙ファイナンシャルニュースは「米朝が2次の首脳会談の開催問題をめぐり速度を出すことに合意しただけに、会談日程と場所、終戦宣言、寧辺(ヨンビョン)の核廃棄などの非核化のロードマップの推進に弾みがつくと予想される」と伝えつつ、「首脳会談の開催に合意したということは、北朝鮮の非核化措置と米国のそれに対する相応措置について、両国が深く意見交換し、相当部分で合意したことを意味する」と強調した。

【注目の記事】

「海上自衛隊の観艦式参加中止理由は独島艦」=韓国メディア
仮想空間の不動産も売買する時代…ブロックチェーンとVR技術を活用
M&A資金がインドに移動…中国を乗り越えるか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  2. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  3. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  4. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  5. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »