M&A資金がインドに移動…中国を乗り越えるか?

M&A資金がインドに移動…中国を乗り越えるか?

合併・買収(M&A)のための資金がインドに集中している。これまでは中国がM&A最大市場だったが、米国との貿易戦争で中国経済に暗雲が垂れこめ、多くの投資家がインドに足を向けている。

英紙フィナンシャルタイムズは3日、今年に入って9月まで、インドに流入した外国投資家のM&A資金は406億ドルで、同期間に中国に流入した416億ドルに匹敵する水準になったと報じた。記事によると、インドのM&A資金の流入規模は前年同期比64%も急増した。

インドが中国と肩を並べるようになったのは2008年以来初めて。1990年代、中国とインドは外国人に投資市場を開放したが、中国は外国人のラブコールの中で高い成長率を記録した一方、インドへの投資は低調だった。2012〜2016年に中国に流入したM&A資金規模は、インドの流入規模を大きく上回り、3倍に達する時もあった。しかし、最近雰囲気が大きく変わった。

インドに投資が続く理由は、多国籍企業がインド国内市場の先行きを大幅に変えたことによるもので、インドの中産階級が成長し所得と支出が増加し始めたと判断している。
また、米中貿易戦争で投資のバランスを取とうとする動きもある。コンサルティング会社クロールの企業情報・調査部門の責任者レシュミ・クラブ氏は「米中貿易戦争が中国の経済見通しに暗雲が漂い、一部の投資家が代替投資地としてインドに関心を示している」と指摘した。

まだインド経済は中国に比べて規模が小さい。国際通貨基金(IMF)によると、昨年のインドの国内総生産(GDP)は2兆6000億ドルで、中国の5分の1の水準に過ぎない。しかし、中国の成長率見通しが低くなっているのに対し、インドは今年1四半期7.7%もプラス成長した。今後の成長見通しも非常に‟良好”と予想され、中国を追いつく可能性が段々高まっていると、専門家らは分析している。

【注目の記事】

台風25号、明日に韓国・釜山上陸可能性も
元KARAク・ハラ、元カレ追加告訴…「プライベート動画を送って脅迫」
マイニング大手「ビットメイン」の上場計画にBCHが急騰する理由?
脱北者数が急減…金正恩政権以降毎年減少
ドル高の流れは来年から変わる?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »