M&A資金がインドに移動…中国を乗り越えるか?

M&A資金がインドに移動…中国を乗り越えるか?

合併・買収(M&A)のための資金がインドに集中している。これまでは中国がM&A最大市場だったが、米国との貿易戦争で中国経済に暗雲が垂れこめ、多くの投資家がインドに足を向けている。

英紙フィナンシャルタイムズは3日、今年に入って9月まで、インドに流入した外国投資家のM&A資金は406億ドルで、同期間に中国に流入した416億ドルに匹敵する水準になったと報じた。記事によると、インドのM&A資金の流入規模は前年同期比64%も急増した。

インドが中国と肩を並べるようになったのは2008年以来初めて。1990年代、中国とインドは外国人に投資市場を開放したが、中国は外国人のラブコールの中で高い成長率を記録した一方、インドへの投資は低調だった。2012〜2016年に中国に流入したM&A資金規模は、インドの流入規模を大きく上回り、3倍に達する時もあった。しかし、最近雰囲気が大きく変わった。

インドに投資が続く理由は、多国籍企業がインド国内市場の先行きを大幅に変えたことによるもので、インドの中産階級が成長し所得と支出が増加し始めたと判断している。
また、米中貿易戦争で投資のバランスを取とうとする動きもある。コンサルティング会社クロールの企業情報・調査部門の責任者レシュミ・クラブ氏は「米中貿易戦争が中国の経済見通しに暗雲が漂い、一部の投資家が代替投資地としてインドに関心を示している」と指摘した。

まだインド経済は中国に比べて規模が小さい。国際通貨基金(IMF)によると、昨年のインドの国内総生産(GDP)は2兆6000億ドルで、中国の5分の1の水準に過ぎない。しかし、中国の成長率見通しが低くなっているのに対し、インドは今年1四半期7.7%もプラス成長した。今後の成長見通しも非常に‟良好”と予想され、中国を追いつく可能性が段々高まっていると、専門家らは分析している。

【注目の記事】

台風25号、明日に韓国・釜山上陸可能性も
元KARAク・ハラ、元カレ追加告訴…「プライベート動画を送って脅迫」
マイニング大手「ビットメイン」の上場計画にBCHが急騰する理由?
脱北者数が急減…金正恩政権以降毎年減少
ドル高の流れは来年から変わる?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »