トランプ氏、「米朝首脳会談の場所を検討中」

トランプ氏、「米朝首脳会談の場所を検討中」

トランプ米大統領は9日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と首脳会談の場所を検討していると明らかにした。

トランプ氏は同日、ホワイトハウスで記者団に、「金委員長との2次首脳会談のための準備が進められている」とし、「私と金委員長は、首脳会談の場所として3〜4ヶ所を議論している」と述べた。しかし、トランプ氏は「中間選挙のため、米国を離れることができない」とし、来月6日以前には首脳会談を開けないと付け加えた。

2回目の米朝首脳会談の開催場所について北朝鮮・平壌が有力視されているが、1回目の首脳会談のように第3国で開かれる可能性もある。ブルームバーグ通信は、「北朝鮮が次の会談場所として平壌を提案しているが、非核化と関連して金委員長が体制宣伝に利用することも否定できない」と指摘した。一部の海外メディアは、スウェーデン・ストックホルムとスイス・ジュネーブも検討されていると報じている。

選挙を控えているトランプ氏は北朝鮮との友好関係を強調している。最近にも金委員長について「私と金委員長の関係は非常に良好」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »