分裂したBCHABCとBCHSV、現在の価額推移は?

分裂したBCHABCとBCHSV、現在の価額推移は?

ビットコインキャッシュ(BCH)から分裂した「ビットコインキャッシュABC」(BCHABC)と「ビットコインキャッシュSV」(BCHSV)の価額に注目が集まる。

仮想通貨情報サイト「コインマーケットキャップ」によると、16日午後1時30分時点でBCHABCは約18%上昇した330ドル前後で推移している。その一方BCHSVは約50%下落した87ドルを記録中だ。市場では一応BCHABCのハッシュパワーを高く評価している雰囲気。

仮想通貨アナリストとして投資家の間で人気を集めるジョセフ・ヤング(Joseph Young)も同日、自身のツイッターに「ビットコインキャッシュのハードフォークを巡るBCHABCとBCHSVのパワーゲームはBCHABCの勝利と見える。BCHABCの方が、より多くのハッシュパワーとネットワーク活性度、より高い相場価額を備えている」と述べた。

しかし、BCHSV側の反撃も予想されている。海外メディアによると、BCHSV派の中で最も強力なハッシュパワーを保有している、仮想通貨専門メディアと採掘プールの運営社コインギーク(Coingeek)がBCHABCに対抗するため、保有中のハッシュパワーを活用することを準備中だという。

BCHSV側の代表的な人物クレイグ・ライト(nChain代表)氏もツイッターに「ハッシュパワー戦争は短距離ではなく、マラソン競技だ。勝利を予断するには早い」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  2. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  3. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…
  4. ティーウェイ航空は日韓線の再開を記念し、成田、関西発着の仁川線で「Tway FREE wayキャンペ…
  5. グローバル決済大手「ペイパル」が来年、グローバル市場を対象に仮想資産サービスを開始する一方、現在1…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »