MSがアップルを抜いた… 16年ぶりに時価総額首位

MSがアップルを抜いた… 16年ぶりに時価総額首位

11月30日の米株式市場で米マイクロソフト(MS)の時価総額が1位となった。終値基準で同社の時価総額が首位になったのは16年ぶり。

海外メディアによると、マイクロソフトの株価は同日の米ニューヨーク証券市場で前日比0.6%高の110.89ドルを付けた。時価総額は8512億ドル(96兆円)と集計された。その一方、時価総額1位だったアップルの株価は前日比0.5%安の178.58ドルで、時価総額は8474ドルにとどまった。マイクロソフトの時価総額がアップルを上回ったのは約8年ぶり。

アップルは2010年にマイクロソフトの時価総額を追い越し、12年には米石油大手エクソンモービルさえ抜いて時価総額1位企業になったが、販売不振への懸念から最近株価が急落し、約6年間守ってきた首位の座をマイクロソフトに明け渡した。マイクロソフトが年末まで時価総額首位の地位を維持すると、2002年以降、16年ぶりに時価総額1位の座を完全に奪還することになる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米中の第一段階の貿易交渉が合意に到達した中、実際の履行過程における難関が少なからず予想される。…
  2. 日韓貿易当局が16日、東京で日本政府の輸出規制をめぐり、局長級政策対話を開いた。5か月前の課長級対話…
  3. 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が16日、韓国外交部のイ・ドフン韓半島平和交渉本部長と会談した。同席…
  4. 世界最大の証券会社であるバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが、過去10年間で最高の収益率を見せた資…
  5. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る