米ニューヨーク金融当局、イーサリアム決済システムを承認

米ニューヨーク金融当局、イーサリアム決済システムを承認

米ニューヨーク市の金融サービス局(NYDFS)が地域銀行のブロックチェーン基盤のプラットフォームを承認した。

NYDFSは4日(現地時間)、ニューヨーク・シグネチャ・コマーシャル・バンクが機関投資家のために開発したイーサリアム決済プラットフォーム「シグネット(Signet)」を承認したと発表した。また、資金洗浄防止、投資家保護措置に関するニューヨーク市の規定も公表した。米連邦預金保険公社(FDIC)もシグネットの預金に対する保証を承認した。

■日本が仮想通貨規制を強化?
日本政府が、仮想通貨高額投資家の個人情報を義務的に当局に報告する規定を推進していると日本メディアが4日(現地時間)報じた。

記事によると、同規定は日本国税庁が仮想通貨取引所を対象に、高額投資家の情報と投資内訳の提出を要求できるようにしたもの。現在は、取引所が自主的に投資家の情報を提供する形で運営されている。同規定は、2019年会計年度に発表される税制改革の一環として推進され、2020年には本格的に施行される予定だ。

■イスラエルの元首相「仮想通貨は詐欺」
イスラエルの元首相エフード・バラク氏が仮想通貨に対する見解を明らかにし話題になっている。

3日(現地時間)CCNなど海外メディアによると、バラク氏は「ブロックチェーンの技術は、医療、金融など実生活に幅広く使用できる優れた技術」と称賛したものの、「仮想通貨は一種のポンジ・スキーム(金融詐欺)」と批判した。また同氏は「ブロックチェーン技術の登場で、既存の銀行は最終的に消えるだろう」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »