フランス政府「黄色いベスト」に降伏、油類税引き上げ延期

フランス政府「黄色いベスト」に降伏、油類税引き上げ延期

環境保護のための脱化石燃料との名分で、油類税引き上げを強行していたフランス政府が、これに反発する「黄色いベスト」のデモ隊を意識した結果、引き上げを当分の間は中断する事とした。

フランスのエドゥアール・フィリップ首相は4日、国民への談話を通じ、「油類税引き上げを6ヵ月間中断する」と話した。フランス政府は、当初来年1月に予定していた油類税引き上げを半年間猶予し、また自動車排気ガス規制の強化措置も6ヵ月間延期となった。

フィリップ首相はこの日生放送された演説で、「今回表出された憤怒を見ようと、聞こうとしないのなら、盲人になるか、ろう者になるしかないだろう」と、「フランスの統合を危険に陥れる税金は必要ない」とも述べた。

同首相は「黄色いベストの市民らが税金引き下げと職を求めているが、政府もまた同様だ。私が、そして政権党が、国民をしっかりと説得出来ないのなら、今後に変化が無ければならない」と述べた。ただ、フィリップ首相は、今後のデモは事前に申告手続きを経なければならないとし、「集会は落ち着いて進められなければならない」と強調した。

マクロン大統領は今年、脱化石燃料に向けて継続的に軽油と揮発油に課す税金を高めており、先月からソーシャルネットワークサービスを中心に、これに反対する動きが増幅していた。油類税引き上げに反対するドライバーらは、自動車に装備が義務づけられている識別用の黄色いベストを着て、先月より道路を塞ぐなどの行動に出ており、デモは次第に反政府デモへと変わって行った。今月1日には、パリで大規模な暴力的デモも発生している。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »